MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
nemo Bakery & Café 武蔵小山本店(カフェ/武蔵小山)|お洒落なベーカリー☆正統派からお惣菜パンまで♪

nemo Bakery & Café 武蔵小山本店(カフェ/武蔵小山)|お洒落なベーカリー☆正統派からお惣菜パンまで♪

リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

perm_media 《画像ギャラリー》nemo Bakery & Café 武蔵小山本店(カフェ/武蔵小山)|お洒落なベーカリー☆正統派からお惣菜パンまで♪の画像をチェック! navigate_next

nemo Bakery & Café 武蔵小山本店(武蔵小山駅)

手間暇かけたソースが食欲そそるチキンカツ

パンの美味しさを味わえるよう、厚すぎない7枚切りを焼かずに使用。根本孝幸シェフが「料理のひと皿をパンに挟んだイメージ」というように、鶏肉はふた切で約150gもあり食べ応えも十分。ビールにも合う!

チキンカツサンド
750円

胚芽入りと普通の食パン2種が各10食の限定。衣にはバゲットのパン粉を使用

ローストポークサンド
650円

マリネしてから焼くローストポークと自家製チリコンカンが合う。ドゥーリーブルというフランスパンでサンド

ハムトマサンド
550円

薄いハムを2枚重ねることで口中にハムの味と香りが広がる

お店からの一言

シェフ 根本孝幸さん

「ビールやワインなどお酒も豊富です」

nemo Bakery & Café 武蔵小山本店の店舗情報

[住所]東京都品川区小山4-3-12 TK武蔵小山ビル1階 [TEL]03-3786-2617 [営業時間]9時~22時(カフェは21時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/状況により予約可/カード不可 [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅東口から徒歩2分 


電話番号 03-3786-2617

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル