MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】3206 ベーカリーカフェ&レストラン 広尾店(カフェ/広尾)

【閉店】3206 ベーカリーカフェ&レストラン 広尾店(カフェ/広尾)

『3206』のサンドイッチは40種類以上。店の2階が工場になっていて、作りたてが順次運ばれてくる。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】3206 ベーカリーカフェ&レストラン 広尾店(カフェ/広尾)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】3206 ベーカリーカフェ&レストラン 広尾店(最寄駅:広尾駅)

半熟卵と特製ソースが引き立て合う絶品サンド

そのすべてに共通するのが単なる具という概念ではなく、“料理”としての美味しさを追求していること。半熟卵のデビルドエッグサンドは、刻みピクルスや玉ネギを入れ、クリームチーズとハチミツで味を調えたタルタルソースとの組み合わせが完璧だ。2.5個分もの茹で卵が使われているにも関わらず、噛むほどに甘さを感じる自家製パンとともにあれよあれよと胃に入ってしまう。たまごサラダサンドはマヨネーズ仕立て。こちらはクラッシュ系でパンの美味しさも際立つシンプルな味わいだ。

デビルドエッグサンド、たまごサラダサンド
440円、300円

見た目の豪快さとは対照的に、素材を引き立てるシンプルな味付けで、パンとのバランスを計算。湯種製法でひと手間かけて作る食パンは、時間が経ってもふんわり柔らか

金山寺みそ漬けチキン、コーヒー
420円、450円

金山寺味噌の旨みが染み込んだチキンサンドにはきんぴらごぼうも

カレーパン
210円

バゲットのパン粉で揚げたカレーパンは、スパイシーで大人の味わい

お店からの一言

代表 月川麻依子さん

「モーニングは飲み物・サラダつきでオススメ」

【閉店】3206 ベーカリーカフェ&レストラン 広尾店の店舗情報

[住所]東京都港区南麻布5-2-39 ニュー東和ビル1階 [TEL]03-6277-3365 [営業時間]8時~22時(モーニング8時~10時、ランチ11時~17時、ディナー17時~22時)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全41席/全席禁煙/予約可/カード可 [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅3番出口から徒歩3分 ※「3206」のメニュー価格は税抜きです。


電話番号 03-6277-3365

撮影/西﨑進也 取材/野村始子

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル