MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ワインバー BUS(バー/大塚)|ゆっくり呑むならココ♪料理もシックな雰囲気も◎

ワインバー BUS(バー/大塚)|ゆっくり呑むならココ♪料理もシックな雰囲気も◎

この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。

perm_media 《画像ギャラリー》ワインバー BUS(バー/大塚)|ゆっくり呑むならココ♪料理もシックな雰囲気も◎の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ワインバー BUS(最寄駅:大塚駅)

昔ながらの商店街に現れたシックなワインバー 料理も雰囲気も味わい深い

シャンパングラスを傾けながら、さて、今日は何を食べようかと、ほぼ日替わりの黒板メニューを眺めれば、イタリアン、フレンチ、中華にエスニックとボーダレスなラインナップ。ワインに合う、その1点だけが共通項だ。若い頃から飲食業界を渡り歩いた、地元出身の店主・伊藤さんのアイデアと構想が詰まった店なのだ。ワインは泡、白、赤と10種類ほど用意するグラスから、料理ごとに選ぶのがいいだろう。こんな店もひょっこりある大塚って奥が深い。

豪州短角牛のステーキ(100g)
1400円

ボリューム満点のステーキに大盛りのフレンチフライ。肉欲を完全に満たしてくれるガッツリな一品

神威豚肩ロースと野菜のグリル(100g)
1200円

じっくり火入れした豚肩ロースは、ふっくらジューシー。色とりどりの野菜の付け合わせもうれしい

豚肉とししとう炒め
900円

豆豉やオイスターソース、紹興酒で炒めた、直球の中華なひと皿。力強い味わいは赤ワインにもよく合う

お店からの一言

店主 伊藤大輔さん

「デザートやバゲットも真面目に店で焼いています」

ワインバー BUSの店舗情報

[住所]東京都豊島区南大塚3-52-2 保坂ビル1階 [TEL]03-5927-1974 [営業時間]18時~24時 [休日]月 [席]カウンターのみ、全8席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩2分


電話番号 03-5927-1974

撮影/大西尚明 取材/菜々山いく子

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カフェ&バーのチェーン店「PRONTO(プロント)」を展開するプロントコーポレーション(東京都港区)は6月21日から、プロントの新たな夜の業態「キッサカバ(喫茶酒場)」を本格的にスタートさせました。従来のプロントとどう違うのか。なぜ、いま業態を変えるのか。担当者に聞いてみました。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
get_app
ダウンロードする
キャンセル