MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
六義園(日本茶/駒込)|庭園内にある池がよく見える「吹上茶屋」でお抹茶を…♪

六義園(日本茶/駒込)|庭園内にある池がよく見える「吹上茶屋」でお抹茶を…♪

江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

六義園(最寄駅:駒込駅・千石駅)

元禄時代の大名も眺めた池畔で一服

「六義園」という名は、古今和歌集で説かれる「六義」にちなむ。明治に入り、三菱財閥創業者・岩崎彌太郎が園を所有。昭和13年(1938)に岩崎家が東京市(現在の都)へと寄進した。昭和28年(1953)、国の特別名勝に指定され、都心に残る貴重な名庭園のひとつとなった。

「吹上茶屋」では、開庭時には9時から16時半まで抹茶や甘酒を提供する(庭園のイベント等で時間に変動あり)。写真は冷抹茶のセット(600円)

六義園の店舗情報

[住所]東京都文京区本駒込6丁目 [TEL]03-3941-2222 [開園時間]9時~17時(入園は16時半まで)※ランチタイム有 [休日]年末年始 [入園料]一般300円、65歳以上150円 [交通アクセス]JR山手線ほか駒込駅から徒歩7分、都営三田線千石駅から徒歩10分


電話番号 03-3941-2222

撮影/貝塚 隆 取材/赤谷まりえ

2019年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
メーカーでの長い海外赴任で抹茶の魅力を再認識し、起業を決意したというオーナーの長田昌宏さん。抹茶は茶葉を丸ごと微粉末にするため、安心できるものをとオーガニックにこだわり、2年かけて全国の茶園を巡ったという。
お茶の香りがものすごい!と思ったら、使われているのは、茶葉や粉末茶を中に閉じ込めた特別な氷。この「利休氷」がいただけるのは、都内ではここだけ。
しっかり手入れされた堺刃物を使い、大きく薄く削られた氷。まるで羽衣のようにふわりとして、絶妙なバランスで盛られていることにまず驚く。
 日本茶の持つさまざまな味わいのポテンシャルを体験してもらうため、焙煎や茶葉のみならずアルコールとの“ブレンド”まで探究する『櫻井焙茶研究所』。 全国から仕入れた茶葉の中でも特筆すべきは、客が選んでから焙烙で焙煎する焙じ茶。
演劇の街、東京・下北沢にある、古き良きお茶屋さんの佇まいが印象的な『つきまさ』。開店は昭和53年。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
6410views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt