MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
南インド食堂 ビーンズ オン ビーンズ(カレー/神田)|お肉料理やカレーなど本格インド料理が味わえるお店☆

南インド食堂 ビーンズ オン ビーンズ(カレー/神田)|お肉料理やカレーなど本格インド料理が味わえるお店☆

この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。

南インド食堂 ビーンズ オン ビーンズ(最寄駅:神田駅)

ディナーでもいろいろ食べられるミールスが◎

日本料理と同じく日々変わりゆくインド料理だが、ここではシンプルなスパイス使いの伝統的な南インド料理に出合える。いろいろ試すならディナーでもオンメニューするミールスがおすすめだ。マトンとチキンのカレー2種類にローストしたガーリックチキン、ポリヤル、ラッサムなど、どれもさらりと軽やかな味わい。おつまみにぴったりのペッパーマトンやラムチョップでクラフトビールやインドビールを楽しむのもありだ。

ディナーミールス
1728円

辛さもほどほどでホッとするようなスパイス使いに癒される。バスマティライスにパパドや豆のスープ・サンバル、トマトが利いたラッサムなど

ラムチョップ
1620円

一番人気の肉メニュー。大きなラムチョップをスパイス入りのヨーグルトで漬け、タンドール窯で焼き上げている

ベッパーマトン、東京ホワイト
1242円、810円

黒胡椒を主役にスパイスを利かせたマトンのカレー。ドライなタイプのカレーはビールのおつまみにもぴったり

お店からの一言

店主 チェトリ ラトナさん

「昔ながらのシンプルなスパイス使いです」

南インド食堂 ビーンズ オン ビーンズの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋本石町4-4-15 平和本社ビル2階 [TEL]03-6281-9928 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全34席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅2番出口から徒歩2分


電話番号 03-6281-9928

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン

2019年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
隠れ家的なスパイスカレー店が多いなか、駅近・アメ村すぐの行きやすさが魅力のこちら。とはいえ主役のカレーは超本格派だ。
間借りカレーで一躍ブレイクを果たしたこの店が、目立たないビルの2階に店舗を構えて約2年。ランチのみでスタンディングオンリーだが、ひっきりなしに訪れる客に人気の度合いがうかがえる。
オープンした年に、「神田カレーグランプリ2018」で優勝。口に入れると甘みを感じるが、徐々にヒリッとくる辛さと深い旨みが広がる。
古書店「FOLK old book store」で平日昼間だけ営業。間借り歴9年以上、「間借りカレー」の先駆けとして巷では有名な存在だ。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt