MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
お酒や飲料を通して人と人をつなぐ!  サントリー×さきめしの飲食店応援プロジェクト

お酒や飲料を通して人と人をつなぐ! サントリー×さきめしの飲食店応援プロジェクト

新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。

お酒や飲料を通して人と人をつなぐ! サントリー×さきめしの飲食店応援プロジェクト


新型コロナウィルスの蔓延防止のため、休業や営業自粛によって苦境に陥っている飲食店は多い。

そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。

さきめしの取り組み内容について(https://www.sakimeshi.com/


そのうちのひとつが、飲食業の方たちを「先払い」で応援する、未来チケット型の「さきめしチケット」だ。

「さきめしチケット」は、外出の自粛などで、今は行けない飲食店のために、応援の気持ちを込めて「(新型コロナウィルスが収束したら)あとで食べに行くよ!」という未来チケット型のグルメサービス。

私たちが、贔屓の店や行きつけの店の「さきめしチケット」を購入することで、お店には今すぐ必要なお金が入り、購入者は新型コロナウィルスが収束したあとに「さきめしチケット」をその店の食券として利用できるという仕組み。

これが、先払いで
飲食店を応援する仕組み。


そしてもうひとつ。

こちらは、行きつけの店を応援するだけでなく、日本が世界に誇る食文化を守るという想いのもと、外食文化全体を支援するため、広く飲食店全体を「寄付」というかたちでの支援する方法。

こちらは『さきめし』に登録した飲食店全店に、寄付されたお金を分配するシステムだ。

こちらが、寄付で飲食店を
応援する仕組み。


サントリーは『さきめし』と連動し、「さきめしチケット」と「寄付」の、両方の飲食店支援プロジェクトに取り組むことを発表。

「さきめしチケット」については、ユーザーが買ったチケットの金額がそのまま飲食店に届くよう、手数料を一定期間サントリーが負担。

「寄付」については、サントリーからも寄付金を拠出。

そして、困っている飲食店もサポートしたいユーザーのどちらも参加しやすいよう、さまざまな支援を続けている。

さきめしの取り組み内容について、
詳しくは、HPでご確認ください。
https://www.sakimeshi.com/


この『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトはどちらも、私たちが今すぐ飲食店を応援できる取り組みだ。

「旨いメシ」「旨い店」「旨い酒」がいつまでも続くよう、自分にもできる飲食店サポートの取り組みを考えてみてはどうだろう。








まとメシ編集部


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録している飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクト「さきめしSupported by SUNTORY」。 その考えに賛同した、おとなの週末編集部がサービスを利用。購入した「さきめしチケット」をお店で使用した。
181views F&D 最新情報
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請で、多大なるダメージを受けた飲食店の方々を応援したい……と、JTは、くるなびの「つなぐ食」に参画。そして、Rettyとの共同プロジェクト「サポ食」をスタートした。これらの取り組みに対して総額約1.2億円を拠出。継続的な飲食的支援を実施するという。どのような取り組みなのか、その概要を紹介しよう。
353views F&D 最新情報
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
573views F&D 最新情報
「今までにない梅との新しい出会い」を提案するというコンセプトで、梅酒カクテル専門BARが銀座にオープン。 本格梅酒「The CHOYA」を使用した梅酒カクテルや、日本ではここでしか飲めない免税店限定の、フレンチオーク樽熟成の梅酒などが楽しめる、『梅』専門のBARなのだ。
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
1998views F&D 最新情報
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt