MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
グラシア(ステーキ/浅草橋)|駅から徒歩3分☆トンテキが名物の洋食居酒屋。生姜醤油の味付けが食欲をそそる!

グラシア(ステーキ/浅草橋)|駅から徒歩3分☆トンテキが名物の洋食居酒屋。生姜醤油の味付けが食欲をそそる!

グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。

perm_media 《画像ギャラリー》グラシア(ステーキ/浅草橋)|駅から徒歩3分☆トンテキが名物の洋食居酒屋。生姜醤油の味付けが食欲をそそる!の画像をチェック! navigate_next

グラシア(最寄駅:浅草橋駅)

本場を超えた!? スタミナ抜群の四日市トンテキが旨い

さて何だ? 三重名物、四日市トンテキ! オーナーの妻鳥さんが東京で広めるべく地元出身のマスターと8年前に始めたのがこの店だ。実はコレ、結構スゴイ。というのも割烹を営んでいたマスターの父が元祖店の創業者と友人で、教わったレシピを独自にアレンジした味なのだ。目指すは本場超えの旨さ。生肉から焼くのがコツで、ニンニクは上質な青森産を主に使う。それらを秘伝のソースと絡めればもうトンテキ、いや無敵。夜はコレで一杯も楽し~。

四日市トンテキ
1680円(ランチはご飯・味噌汁・漬物付きで1300円)

グローブ状に切り込みを入れた肉をウスターソースベースの秘伝の味でソテーした甘辛ソース味。写真は群馬産だが千葉の林SPF豚なども使う

トロトロ和牛のチーズポテトグラタン、ももとクリームチーズ&生ハムのせバゲット
980円、880円

夜のメニュー。黒毛和牛の煮込みをマッシュポテトやチーズと焼いてグラタンに。旬の果物を使うバゲットはワインにぴったり

お店からの一言

オーナー 妻鳥博江さん

「夜は塩味や醤油味のトンテキやポークソテー、旬の料理も揃っています」

グラシアの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草橋2-27-5 [TEL]03-3865-8966 [営業時間]11時半~14時、17時~22時(21時半LO)、土11時半~14時、祝17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全11席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営浅草線ほか浅草橋駅A4出口から徒歩3分


電話番号 03-3865-8966

撮影/小澤晶子 取材/肥田木奈々

2019年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
嗚呼、ステーキが食べたい。突然舞い降りた欲望に、食いしん坊は居ても立ってもいられない。
噛み締めた瞬間、こんがり焼かれた香ばしさと、濃厚な肉汁の旨みが口中に広がる。使用するのは黒毛の山形牛で、脂の少ない等級のランプ肉を約400g。油を塊肉の表面にまわしかけて焼き、一度休ませ、今度はオーブンで温めて提供。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル