MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
A5ランク黒毛和牛を堪能できる「御曹司 松六家」の名物ランチ(ステーキ丼/六本木)

A5ランク黒毛和牛を堪能できる「御曹司 松六家」の名物ランチ(ステーキ丼/六本木)

採算度外視で打ち出している「御曹司 松六家」の名物ランチ「極上黒毛和牛ひつまぶし御膳」。A5ランクの黒毛和牛のイチボとランプを炭火で炙り、秘伝のタレとあわせてご飯にのせる。半分は薬味をのせて、残る半分は和風お茶ダシをかけてひつまぶし風にしていただく、和牛の旨みと甘み、コクを感じつつもさっぱりと食べられる逸品。

perm_media 《画像ギャラリー》A5ランク黒毛和牛を堪能できる「御曹司 松六家」の名物ランチ(ステーキ丼/六本木)の画像をチェック! navigate_next

御曹司 松六家(最寄駅:六本木駅)

※2018年9月29日をもって、ランチの営業を終了しています。それに伴い、限定30食の黒毛和牛ひつまぶし御膳の販売も終了しています。

 採算度外視で打ち出しているのがこの名物ランチ。使用するのはA5ランクの黒毛和牛のみ。なかでも脂の甘みと力強い風味を併せもつイチボとランプを炭火でレアに炙って盛りつけている。奥深いコクの秘伝のタレと、上質な肉質をまずはそのまま堪能。次は粉山椒やワサビ、三つ葉などの豊富な薬味を添え、煎茶入りで爽やかな“和風お茶ダシ”をかけてサラサラと。食べ進むとご飯の中からまたしても肉の層があらわれるという演出もうれしい驚きだ。これに小鉢3品と甘味が付いて1500円(1日限定30食)というから、開店前から行列を作るほどの人気ぶりも納得だ。

極上黒毛和牛ひつまぶし御膳
1500円(昼のみ)

上質な脂がのり口にふくめばとろけるような柔らかさ。甘みのあるタレが相性抜群だ。これに「とろ湯葉あんかけ」や「ひじき煮」など3品の小鉢や甘味がつく

御曹司 松六家

東京都港区六本木4-10-2 ☎03-3796-3369 [営]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜23時半(22時半LO) [休]日(月に1度土曜ランチ休) [席]2名用個室1室、4名用個室4室、6名用個室1室 計24席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード可/夜のみ予約可/サ10%、お通し代800円別 [交]地下鉄日比谷線ほか六本木駅6番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3796-3369
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル