MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
酎ハイスタンド 練屋(居酒屋/練馬)|究極のお茶割りを楽しめる居酒屋☆日替わり小皿メニューや一品も充実♪

酎ハイスタンド 練屋(居酒屋/練馬)|究極のお茶割りを楽しめる居酒屋☆日替わり小皿メニューや一品も充実♪

カウンターに集う皆の目当てはレモンサワーをはじめとした焼酎割り。中でもウーロンハイをはじめとしたお茶割りが人気だ。

perm_media 《画像ギャラリー》酎ハイスタンド 練屋(居酒屋/練馬)|究極のお茶割りを楽しめる居酒屋☆日替わり小皿メニューや一品も充実♪の画像をチェック! navigate_next

酎ハイスタンド 練屋(最寄駅:練馬駅)

厳選したお茶で入れる究極のお茶割りを楽しみたい

でもお茶割りでしょ? と侮るなかれ。お茶の淹れ方と焼酎とのバランスで美味しさが決まるというだけあって、日本各地に台湾の茶葉も入手し、湯の温度や抽出時間を変えて試飲。そして氷の量も考慮しながら焼酎との割合を探っていく。まろやかで香り高くて……こんなにも旨いのか! と驚くはず。日替わり小皿メニューも充実しており、通うほどに楽しくなる。

凍頂烏龍ハイ、ローストビーフ ユッケ風、薬味たっぷり冷奴
500円、500円、300円

渋みが穏やかで桃のような香りもある凍頂烏龍茶を使ったお茶割りは、人気ナンバー1。料理はすべて小皿で提供し300円~500円

緑茶ハイ、玄米茶ハイ、東方美人ハイ、赤インゲン豆のチリミートソース、ベーコンとブルーチーズのポテトサラダ
500円、500円、500円、300円、300円

濃い目に淹れる緑茶は静岡県の川根茶、玄米茶は屋久島茶を低温抽出で。紅茶のような香りが特徴の烏龍茶・東方美人を使用している。ポテサラに加えたブルーチーズのコクがさっぱりとしたお茶割りを引き立てる

手前右から時計周りに、緑茶、凍頂烏龍茶、東方美人、玄米茶

お店からの一言

店主 水野功一さん

「1~2杯だけでも大丈夫です。気軽に足を運んで下さい」

酎ハイスタンド 練屋の店舗情報

[住所]東京都練馬区豊玉北6-14-2 [TEL]03-6875-6539 [営業時間]17時~23時(22時半LO)※月~金は18時オープンの場合あり [休日]日、月の祝日 [席]スタンディング約8名(貸切りOK)/店内禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武池袋線ほか練馬駅西口から徒歩4分


電話番号 03-6875-6539

撮影/小澤晶子 取材/編集部

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル