MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】天天有 大井町店(ラーメン/大井町)

【閉店】天天有 大井町店(ラーメン/大井町)

京都の一乗寺といえば、関西を代表するラーメンの激戦地。ここで1971年から暖簾を守る老舗の都内唯一の支店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】天天有 大井町店(ラーメン/大井町)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】天天有 大井町店(最寄駅:大井町駅)

醤油の黒、塩の白 スープと調和する京都発の老舗の味

「焼飯」は京都五光醤油を使った、ガツンと来る香ばしさの「黒」と、アルプス岩塩をはじめ、3種類の塩を独自にブレンドした、あっさり系の「白」の2種類を用意。頬張ってから、鶏ガラを十数時間かけてじっくり炊いた、豊かな甘みのスープで追いかければ、見事なほどに調和し、快感が脳天を突き抜ける!

焼飯 黒(大)、鶏白湯
550円、690円

醤油ダレを加えてから鍋を強火であおり、米自体の旨さを引き出している。クリーミーなスープとも相性抜群だ

焼飯 白(大)
550円

シンプルな具材と味付けゆえに、炒めの技が光っている

a.京都餃子、b.揚げたてかしわの唐揚げ(5個)、c.おつまみ三種盛
280円、400円、280円

a.キャベツとニラがたっぷりで、ニンニクは有無を選べる b.特製のニンニク醤油に漬け込んでカリッと揚げたパワフルな旨さ c.豚チャーシュー、メンマ、煮玉子がのる

お店からの一言

店主 奥田輝太郎さん

「夜はアルコールやおつまみも豊富。ちょい飲みにぜひ」

【閉店】天天有 大井町店の店舗情報

[住所]東京都品川区大井1-50-5 阪急大井町ガーデン1階 [TEL]03-5742-6477 [営業時間]11時~翌1時(24時半LO)、日11時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全30席/~17時全席禁煙、17時~全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]りんかい線ほか大井町駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-5742-6477

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
スープの約8割が“きのこダシ”という、かつてないシャンピニオンラーメンを考案。豚肉と魚介の旨みを重ねたダシで大量のきのこを煮出し、旨みたっぷりのスープに仕立てた。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル