MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉 いせや(吉祥寺)の「ステーキ丼」のグルメ記事

肉 いせや(吉祥寺)の「ステーキ丼」のグルメ記事

「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「肉 いせや」の「ステーキ丼」はランチ限定。トコトン牛肉におぼれたい!そんな時にうってつけの1杯だ。「肉 いせや」の[アクセス]はJR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》肉 いせや(吉祥寺)の「ステーキ丼」のグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

肉 いせや(最寄駅:吉祥寺駅)

サーロインステーキ肉の味とボリュームに大満足!

超人気の大衆居酒屋「いせや総本店」の姉妹店。高級感あふれる店内では、しゃぶしゃぶや、すき焼きをコースで楽しめる。直営会社が精肉卸業も営んでいるため、上質な牛肉を安く仕入れられるのが強みだ。 
ランチ限定のステーキ丼は、上質な黒毛和牛のサーロインを使用。約180gのステーキ肉を丸ごと1枚レアに焼き上げ、豪快にご飯の上にのせている。タレは醤油、味醂、酒のみでシンプルに仕上げているのは、肉自体の旨みをダイレクトに堪能してもらうため。

ステーキ丼
2100円(昼のみ)

定食には小鉢、サラダ、味噌汁、香の物がつく。ご飯も300gとオトコ前なボリュームだ。さらに大盛りも無料

肉 いせや

■『肉 いせや』
[住所]東京都武蔵野市御殿山1-2-1 いせや吉祥寺ビル 地下1階
[TEL]0422-26-9451
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜22時(21時LO)
[休日]火曜日(祝日は営業)
[座席]座敷4席×4卓、掘りごたつ式テーブル4席×2卓、6席×1卓 、個室3名用、4名用、5名用、6名用個室各1室 計48席/禁煙席あり/カード可/予約可(昼はコース注文の場合のみ)/夜はサ10%別、昼はアルコール注文の場合のみ先付け代300円別
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 0422-26-9451
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
明るく広々として入りやすい雰囲気の店内。今年でちょうど70年(2020年3月号発売時点の情報)、親子4代でのれんをつないできた老舗店舗を数年前に改装した。
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
国産豚ロースを塊で仕入れ、店で切り分けてから注文に応じて揚げている。カツオ節のダシの味を感じる、上品な味付けがうれしい。
「お客さんに毎日喜んでもらいたいからね」とほほ笑む店主が提供するメニューは、とにかく量がすごい! 値段は手頃ながら、大きな丼に蕎麦もうどんもカツもご飯もたっぷりと運ばれてくる。
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル