MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_あの有名人からこの有名人まですぐ常連客に! 今里にある寿司「阿波弁慶」/大阪ローカル穴場メシ情報[87]

大阪穴場グルメ_あの有名人からこの有名人まですぐ常連客に! 今里にある寿司「阿波弁慶」/大阪ローカル穴場メシ情報[87]

近鉄今里駅を出て数分。いつも客席は満杯。賑わいを見せている寿司店がある。それが「阿波弁慶」だ。 店主の三好輝さんは、とにかく明るくてフレンドリー。著名人からも愛されるお店で有名。しかも、鶴橋の市場で仕入れたネタは抜群で、旨いと評判なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_あの有名人からこの有名人まですぐ常連客に! 今里にある寿司「阿波弁慶」/大阪ローカル穴場メシ情報[87] の画像をチェック! navigate_next

あの有名人からこの有名人まで、すぐ常連客に! 今里にある寿司「阿波弁慶」


近鉄今里駅を出て数分。

いつも客席は満杯。賑わいを見せている寿司店がある。

それが「阿波弁慶」だ。

店主の三好輝さん(54)は、徳島出身。

高校卒業後に来阪。

寿司と割烹料理店と約16年の修業を経て、今のお店をオープンさせた。

三好さんはとにかく明るくてフレンドリー。

著名人からも愛されるお店で有名だ。

しかも、鶴橋の市場で仕入れたネタは抜群なのだ。


この笑顔を見れば、悩みごとも一発で解消。

常に明るいのだ(笑)。

ちなみにネタは「たこ」「かつお」(2個200円)で、「まぐろ」「いか」(2個400円)とお手ごろ価格。



おススメは盛り合わせ(1000円)。

ちなみに、上だと1800円。


このクオリティでこの値段。

次々と寿司が胃袋に入っていくやんかっ!

さらにさらに、この日はサザエもあった。

「つぼ焼き」は大きさによって値段が変動。

800円前後だった。


このつぼ焼きに玉子を落として、直火で焼くこと約10分。

これが驚くほど旨い!


引き締まったサザエの身と、この風味。

半熟の玉子が絶妙なのだ。

初めて味わう玉子をといた醤油味のつぼ焼き。

身は焼く前に細かく刻まれているので食べやすくもある。

ウ、ウマイ!!

これはハマる美味しさやんか。


次なる来訪を、この原稿を書きながら考えているのだった……。


阿波弁慶
[住所]大阪市生野区新今里4-3-10
[TEL]06-6751-0356
[営業時間]17:00~25:00
[定休日]火曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル