MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺の焼き鳥といえば……地元民裏技の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(155)

吉祥寺の焼き鳥といえば……地元民裏技の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(155)

吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。

吉祥寺の焼き鳥といえば……地元民裏技の件



吉祥寺の焼き鳥屋といえば、『 I 』である。

これに異議を唱える人はいないよね。

あまりにメジャーすぎてこの連載では取り上げてませんけど、吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店はみんな知ってるはず。

ちなみに、総本店の横の地下にある『肉I』(86回参照)も忘れちゃダメ。

しかし、実はもう一店舗あるんですよ。

吉祥寺北口店が! 

意外に知られてないんだよね、ここ。


吉祥寺北口店は、元デニーズ、現在は仏壇屋さんのビルの地下にあります。

総本店は、地元民ですら“えっ? 火事?”と思ってしまうほどの、煙もくもく&人いっぱい&オープンな雰囲気ですけど、ここは地下なんで、シブくひとりで飲んでる人が多いね。

実は5月中旬から、この『I吉祥寺北口店』が店舗限定で“I弁当(680円税込)”のテイクアウトを始めたんですよ。

この弁当が最高なので、今回は手厚くご紹介しようと思います。

まず、ごはん+サラダ+漬物+焼き鳥2本がデフォルト。

焼き鳥は“塩”と“たれ”が選べます。

さらにですね、“唐揚げ”“餃子”“シュウマイ”からメインが選べます。

ちなみに、各3個づつ入っています。

このメインを選ぶのが苦行なんです。

正直、1個づつ全部盛ってほしい、と悶絶するおっさん女子。

しかし正解は、唐揚げです(断言)。

鶏がかぶっている……。

いや、焼き鳥屋さんなんだから、鶏はかぶせてOKだろう。

ちなみに1個がデカイです。

表面は固めでカリッ&中はジューシーという理想的な唐揚げです。

唐揚げは、おっさん女子的正解ですが、一般的な正解はおそらくシュウマイだと思います(笑)。

ここのシュウマイは、ヤバい! デカイ! 

女子の拳くらいある感じ。

手作りなんだけど、肉の塊にシュウマイの皮をのっけた感じ。

ものすごく肉々しいの。

普段からシュウマイを頼んでいる人多いんだよね。

ちなみに餃子も同様ね。

おっさん女子である私は、シュウマイを諦められず、I弁当(唐揚げチョイス)+シュウマイ単品(3個)をデフォルトでテイクアウトしている。

ちなみにあわせて1040円(税込)です。

さすがに1回で食べるには量が多いんで、I弁当はお昼に食べて、シュウマイは夜ごはんです。

イラスト/小豆だるま



私が『I吉祥寺北口店』にテイクアウトに行って、常に感じたのは敗北感です。

昼の12時から、本物のおっさんが飲んでいます……。

ここのおっさんたちは、軽く1杯とかじゃないです。

立て続けに飲んでいます。

私がお弁当を待っている間の5~7分に、続々と消費されるアルコール、アルコール、アルコール……。

仕事は……? 

この後の予定は……? 

夜は飲まないの……? 

……と、フツフツと湧き上がるクエッションマーク。

“おっさん女子”とか名乗ってますけど、まだまだだよ、オレ! 

唐揚げとシュウマイで悩んでるようじゃ、ダメだよ、オレ! 

いや、両方買うんだけどさ……、と猛省したのでした。


昔、お花見の差し入れのため『I公園口店』に並んでいたら、私の前にいた小学校低学年の兄弟が、思いっきり『焼き鳥、ください!』と元気にオーダーしたことがありました。

私は(おいおい、焼き鳥もいろんな種類があるんだよ、この店は! 兄弟! 貼りだされているメニュー表を見て! おつかいを頼んだ親がたぶん酔っている……。兄弟! 大丈夫か! あやうし!)と、思っていたら……。

お店の兄さんは顔色ひとつ変えず『いくら預かってきたの?』と優しく聞き、1000円札を差し出す兄弟に『ちょっと待っててね』と言って、つくね、ネギマ、ハツ、モモあたりを適当にチョイスして、1000円でおつりがちょっと出るくらいにして、少年たちに手早く渡していました。

兄さん、すげえよ! 

尊敬! 

酔っ払いのみならず、子ども対応も素晴らしいです。

いろんな意味で『 I 』は、すごい店なのであーる。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
ステイホーム期間中に、自宅のおやつを充実させることばかり考えていたおっさん女子。 それでも、好きな時に好きなものが食べられないって、ストレスが溜まるワケで……。 そう、私が食べたかったのは、プリンである! そこで自粛解除になった瞬間、アトレ吉祥寺に買いに走った“でっかいプリン”について今回はご紹介だ。
吉祥寺にトンカツ専門店が2軒しかなく、トンカツ砂漠だというのは、以前ご紹介しました。 そんな私が、ここはトンカツ天国では?と思ったお店があるので、今回は手厚くご紹介したいと思います。それは吉祥寺駅北口から吉祥寺通りを練馬方面に15~20分くらい進んだところにある『カフェ&ダイニングM』という小さなお店……。
吉祥寺居住歴30年オーバーのおっさん女子が、吉祥寺に嫌気がさすとき、それはごはん難民になったときだ……(涙)。 そんなときには、三鷹です。三鷹に即避難! 三鷹は平和です。 そんな街、三鷹をフラつくと必ず行ってしまう“三鷹の神テイクアウトの店”があるんです……。  
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt