MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(86) アトレ吉祥寺の本館西口から出た“肉ランチ三角地帯”の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(86) アトレ吉祥寺の本館西口から出た“肉ランチ三角地帯”の件

アトレ吉祥寺は線路に沿って存在している建物なので、東西に長い。さらに出入り口も多い。このアトレ吉祥寺の出入り口を使いこなしてこそ、地元民(断言!)。そして今回は、アトレ吉祥寺の本館西口、つまり最も三鷹寄りのわりと小さな出口から出て辿り着く、“アトレ吉祥寺本館西口から出た肉ランチ三角地帯”を独断でご紹介です。

アトレ吉祥寺の本館西口から出た“肉ランチ三角地帯”の件


地元民大好き! のアトレ吉祥寺は、その昔、LONLON(ロンロン)という名称だったが、これはLONGLONG(ロングロング)を縮めたネーミングだったようです。

つまり、アトレ吉祥寺は線路に沿って存在している建物なので、東西に長い。

そして本館と東館があって、さらに出入り口も多い。

このアトレ吉祥寺の出入り口を使いこなしてこそ、地元民です(断言)。

そして、いかに経路をショートカットし、自分の行きたい方向に出るかが、地元民の日常なのです。


ちなみにアトレを含む吉祥寺駅全体が耐震工事をしていた時期、前日まで使えていた出入り口が突然封鎖されたり、頻繁に移動したりして、外出先から吉祥寺に戻ってきて井の頭線から降りた私は、自分の家の方向がわからなくなり、吉祥寺駅で迷うという信じられない事態に陥りました(涙)。

30年住んでいて、これですよ……。

ちなみに、おっさん女子は方向音痴でございます……。

今、渋谷駅でそんな事態が起こっているらしく、私の知人のおっさん女子Mは、月曜の朝に自分の会社へ向かう出入り口が封鎖されており、会社の方向が皆目わからず、どこから出ていいのかすら見当がつかなかったため、遅刻したそうです……。

ちなみに遅刻者続出だったらしいよ(笑)。

イラスト/スタジヲワンツー


話は戻って肉ランチです。

以前、連載33回でもご紹介しましたが、これは吉祥寺北口のお店でした。

ちなみに、吉祥寺ロフト付近の肉ランチと言い換えてもいいラインナップだったのですが、今回は、アトレ吉祥寺の本館西口、つまり最も三鷹寄りのわりと小さな出口から出て辿り着く、“アトレ吉祥寺本館西口から出た肉ランチ三角地帯”を独断でご紹介です。

まず1軒目は、吉祥寺のランドマーク的焼き鳥屋「I」の姉妹店!


まず、本館西口を出てまっすぐの横断歩道をひとつ渡り(目の前には連載72回で紹介した『Iうどん』)、さらに交番を背にして吉祥寺大通りに入る横断歩道を渡る。

そして吉祥寺大通りに入ってすぐに、みなさん大好き! 吉祥寺のランドマーク的焼き鳥屋でおなじみ『I』。

しかし、その『I』の姉妹店が、『I』の横にひっそり&地下の階段を降りるとあるのですよ。

『肉I』という、すき焼きメインのお店です。

もう名前からして肉ランチにふさわしいんですが、ここの日替わりがすごいの。

700円(税込)で鶏、牛、豚のメニューがローテーションで展開されるんですけど、その調理法が無限っていうか、工夫がすごい。

チキンソテーひとつとっても、“生姜焼き”“スパイシーデミグラス系”など味付けも工夫されているのよ。

なんと“タンドリーチキン”までラインナップ! 

もちろん基本の鶏唐揚げもありますが、辛味たれ、塩だれ、スパイシーたれなどなど。

豚も“豚カツ”“酢豚”のベーシックメニューがあったと思えば、ナントカ風カツレツも登場したり、肉野菜炒めなんかもある。

とにかく日替わりが充実しすぎていて、実は人気の牛丼780円(税込)を食べ忘れるくらいっていう……。

前に食べた日替わりに出会えるのって、たぶん半年に1度くらいだと思う。

出会えれば……の話だけど。

私が、毎日通ってもいいと思っている肉ランチ天国認定! 

ちなみにムダ情報ですが、ここの女子スタッフは全員、愛想がよく可愛いです。

採用担当者の実力&コンセプトが感じられます(笑)。

2軒目は肉ランチコンサバな方にオススメ! 居酒屋『N屋』の肉ランチ


いやー、工夫よりもベーシックメニューが食べたいなっていう肉ランチにコンサバな人におすすめのお店が、なんと『肉I』から道路を渡った真向かいにあります。

九州系の料理がウリの居酒屋『九州N屋』。

なんか熱いぜ系の店名です。

ここのランチは、実は何度も仕切り直しがあったんだけど、現状は肉ランチです。

唐揚げ定食、チキン南蛮定食、揚げ餃子定食、生姜焼き定食などなど。

すべて800円(税抜)! 

冬限定っぽいけど、ミニ鍋定食もあったよ。

お店が地下なのでわかりにくいが、けっこうキャパはあるので、ランチ難民にはおすすめ。

九州系ということで、ここではチキン南蛮をおっさん女子は推してみようと思う。

ちなみに吉祥寺のチキン南蛮を食べまくった連載40回も見てね! 

ただし、ランチ改変の余波で、長崎ちゃんぽんがなくなったのが超残念。

あと、魚系の定食が消えてしまいました……。

1種類くらい入れてほしい! 

長崎ちゃんぽん&魚系の復活を希望! 

あー、でもちょっとランチ営業が試行錯誤&不安定っぽいので、閉まってたら、ほかの肉へGO! 

不安定の後に九州餃子と長崎ちゃんぽんが、復活しそうな気もする(過去そうだったよ……)。

そして3軒目! 吉祥寺に4店舗もある手羽先チェーン居酒屋『T良』


吉祥寺にはスタバが6軒もあって、すごいムダだと思っているおっさん女子ですが、実は有名手羽先チェーン居酒屋『T良』は、吉祥寺に4軒あるんですけど! 

でも、これは、もっとあってもいいと思う(笑)。

ちなみに3店舗がランチをやっているんだけど、店のキャパや客層、ランチのラインナップが微妙に違っているので、用途に合わせて選びたいところ。

『肉I』の入り口からも看板が見える吉祥寺南口店は、ランチメニューがかなり絞られているのですが、おひとり様におすすめ。

カウンターでサクっと昼ご飯が済ませられます。

私は基本、唐揚げ定食しか食べませんが(笑)、おそらくチキンカツが人気だと思います。


いかがでしょうか? 吉祥寺の肉ランチ。


おっさん女子的には『肉I』がイチオシです。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt