MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(33) 今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 

おっさん女子の吉祥寺パトロール(33) 今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 

肉が食いたい。どうしても肉が食いたいよ、吉祥寺で……。もう、おひとり様上等! 昼間っから肉を食うぜ! という状況でどこに行くのが正解なのか? 今回は、そんなシチュエーションに応えてくれる店を独断でご紹介だ。

今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 


肉が食いたい。

どうしても肉が食いたいよ、吉祥寺で……。

ちなみに本格的に肉を食うなら、連載第24回の『R』に友達を誘って、焼いて、焼いて、焼きまくる&ビール飲みまくり! という肉ディナーを企画すればいいのですが……。

いや、もうおひとり様上等! 

昼間っから肉を食うぜ! という状況でどこに行くのが正解なのか? 

今回はそんなシチュエーションに応えてくれる店を独断でご紹介だ。

イラスト/スタジヲワンツー


まず「肉を食う」という目的のみハッキリしていて、体が何の肉を欲しているのか? が定まってない場合は、プチロードのビルの2Fにある肉バル『T』にGO! 

ここの「今日のグリルランチ」は850円だが、素晴らしくクオリティ&コストパフォーマンスが高い。

ある日の私が食したグリルランチは、ポークの赤ワインソースであった。

ライスorパンのチョイス可能でお代わりOKだ。

そして、付け合わせのサラダは、野菜たっぷりで、ドレッシングはアンチョビが効いていて美味。

さらにキッシュや副菜もついて、ドリンク込みで850円ポッキリだ! 

その他の定番ランチには、比内地鶏を使ったミートソースのパスタやキーマカレーもあるよ。

さらに肉バルのサラダランチというヘルシーメニューもあって、糖質制限とか食事に気を使っている人にはおすすめだ。


ちなみにさー、ここの自家製デザートのたまごプリンがどうかと思うほど美味しいので、ついでに食べて。


鶏? 豚? 牛? 食いたい肉が決まっているなら……


いや、そうじゃない! 

なんの肉を食いたいのか決まってるんだぁぁ! という場合は、プチロードの『T』からロフト方面にちょっと歩いて、ロフトに突き当ったら左手に曲がって10歩くらいの地点にある雑居ビルの4Fにある居酒屋『S菜』にGO! 

ここはランチに、鶏、豚、牛のメニューがそろい踏み。

チキン南蛮、豚生姜焼き、サイコロステーキ丼など。

さらに、日替わりにも、ホルモン塩だれ炒め、鶏モモ1枚焼き、牛スジ煮込み、地鶏の唐揚げなどなど、肉々しいメニューが並ぶんでごわす。


ちなみに魚メニューも充実なんだよ。

ご飯もお替わりOKよ。

日替わりは600円。

定食は680~700円というお財布に優しい価格設定だ。


私の場合、肉が食いたいときは、たいてい鶏なので、だいたいこの『S菜』で決着がつくのであるが……。

「肉」といったら、牛だろ〜! というアナタには……


いや、いや、ち~が~う~だ~ろ~! 

「肉」っていたら牛だろっ! と若干攻撃的になっている人は、『S菜』の入っているビルの3Fにある韓国料理の『S苑』に行ってください。

ここは、石焼ビビンパ、カルビクッパなどのベーシックな韓国系ランチもあるんだけど、焼肉ランチ(850円)というものがあり、カルビ、ロース、ハラミから選んで、自分でジュージュー焼いて食べるランチなのであった。

ほかにも、カルビに特化したカルビジャンボ定食屋、豚カルビ定食、ハラミジャンボ定食など、だいたい1500円くらい出せば、肉、焼き放題ですわ。

それ以外にも、ランチのタイムサービスに焼肉小皿が追加できたりするんで、コストパフォーマンスとんでもないんですよ。

ランチ時にお店に入ると、おひとり様でもジュージュー焼いていますよ、はい。


もうここまで来て、肉ランチに納得できない人は、夜に出直して焼肉屋、もしくは肉バルに行ってください。


今日の自分には、吉祥寺の肉ランチの女神は微笑まなかったと思って、潔く諦めろ! 






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt