MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(33) 今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 

おっさん女子の吉祥寺パトロール(33) 今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 

肉が食いたい。どうしても肉が食いたいよ、吉祥寺で……。もう、おひとり様上等! 昼間っから肉を食うぜ! という状況でどこに行くのが正解なのか? 今回は、そんなシチュエーションに応えてくれる店を独断でご紹介だ。

今日は吉祥寺で肉ランチだろっ! と思ったときの店の件 


肉が食いたい。

どうしても肉が食いたいよ、吉祥寺で……。

ちなみに本格的に肉を食うなら、連載第24回の『R』に友達を誘って、焼いて、焼いて、焼きまくる&ビール飲みまくり! という肉ディナーを企画すればいいのですが……。

いや、もうおひとり様上等! 

昼間っから肉を食うぜ! という状況でどこに行くのが正解なのか? 

今回はそんなシチュエーションに応えてくれる店を独断でご紹介だ。

イラスト/スタジヲワンツー


まず「肉を食う」という目的のみハッキリしていて、体が何の肉を欲しているのか? が定まってない場合は、プチロードのビルの2Fにある肉バル『T』にGO! 

ここの「今日のグリルランチ」は850円だが、素晴らしくクオリティ&コストパフォーマンスが高い。

ある日の私が食したグリルランチは、ポークの赤ワインソースであった。

ライスorパンのチョイス可能でお代わりOKだ。

そして、付け合わせのサラダは、野菜たっぷりで、ドレッシングはアンチョビが効いていて美味。

さらにキッシュや副菜もついて、ドリンク込みで850円ポッキリだ! 

その他の定番ランチには、比内地鶏を使ったミートソースのパスタやキーマカレーもあるよ。

さらに肉バルのサラダランチというヘルシーメニューもあって、糖質制限とか食事に気を使っている人にはおすすめだ。


ちなみにさー、ここの自家製デザートのたまごプリンがどうかと思うほど美味しいので、ついでに食べて。


鶏? 豚? 牛? 食いたい肉が決まっているなら……


いや、そうじゃない! 

なんの肉を食いたいのか決まってるんだぁぁ! という場合は、プチロードの『T』からロフト方面にちょっと歩いて、ロフトに突き当ったら左手に曲がって10歩くらいの地点にある雑居ビルの4Fにある居酒屋『S菜』にGO! 

ここはランチに、鶏、豚、牛のメニューがそろい踏み。

チキン南蛮、豚生姜焼き、サイコロステーキ丼など。

さらに、日替わりにも、ホルモン塩だれ炒め、鶏モモ1枚焼き、牛スジ煮込み、地鶏の唐揚げなどなど、肉々しいメニューが並ぶんでごわす。


ちなみに魚メニューも充実なんだよ。

ご飯もお替わりOKよ。

日替わりは600円。

定食は680~700円というお財布に優しい価格設定だ。


私の場合、肉が食いたいときは、たいてい鶏なので、だいたいこの『S菜』で決着がつくのであるが……。

「肉」といったら、牛だろ〜! というアナタには……


いや、いや、ち~が~う~だ~ろ~! 

「肉」っていたら牛だろっ! と若干攻撃的になっている人は、『S菜』の入っているビルの3Fにある韓国料理の『S苑』に行ってください。

ここは、石焼ビビンパ、カルビクッパなどのベーシックな韓国系ランチもあるんだけど、焼肉ランチ(850円)というものがあり、カルビ、ロース、ハラミから選んで、自分でジュージュー焼いて食べるランチなのであった。

ほかにも、カルビに特化したカルビジャンボ定食屋、豚カルビ定食、ハラミジャンボ定食など、だいたい1500円くらい出せば、肉、焼き放題ですわ。

それ以外にも、ランチのタイムサービスに焼肉小皿が追加できたりするんで、コストパフォーマンスとんでもないんですよ。

ランチ時にお店に入ると、おひとり様でもジュージュー焼いていますよ、はい。


もうここまで来て、肉ランチに納得できない人は、夜に出直して焼肉屋、もしくは肉バルに行ってください。


今日の自分には、吉祥寺の肉ランチの女神は微笑まなかったと思って、潔く諦めろ! 






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3281views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt