MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
SAKE story(居酒屋/五反田)|旅をするように日本酒を楽しんでほしい♪をコンセプトにした居酒屋さん☆

SAKE story(居酒屋/五反田)|旅をするように日本酒を楽しんでほしい♪をコンセプトにした居酒屋さん☆

「旅をするように日本酒を楽しんでほしい」と店主の橋野元樹さん。橋野さんと料理長小林直矢さんが日本各地を旅し、蔵元を訪ね、3カ月ごとに「特集」を組む、なんとも愉快な酒場だ。

perm_media 《画像ギャラリー》SAKE story(居酒屋/五反田)|旅をするように日本酒を楽しんでほしい♪をコンセプトにした居酒屋さん☆の画像をチェック! navigate_next

SAKE story(最寄駅:五反田駅)

季節ごとに酒と料理の「物語」を楽しむ

取材時は山形。「上喜元」「東北泉」など山形の銘酒を郷土料理と共に供する。おすすめの「冽」は、柔らかいのど越しのなかに米の味わいがしっかり。ひたし豆、庄内麩の煮物をつまみつついただけば、酒はやはりその土地の料理と合うのだと、しみじみ。店名は「スペックよりストーリーを大事に」という思いから。その名の通り、物語のようにお酒と料理を楽しめる。

サバ(越田商店)1000円、和牛すき焼きころっけ900円など。ポップコーン500円も日本酒に合う

お通しお重(4品)・スープ、冽 純米大吟醸

1400円、600円(グラス)

取材時の「山形特集」のお通しお重(4品)とスープ。スープは、山形名物「芋煮」

会津娘(炭酸入り)

800円

「会津娘」に炭酸を注入する提案も。価格は炭酸なしと飲み比べ込み

酒場の純米大吟醸
800円(グラス)

宮城の「伯楽星」蔵元が、地元の5つの酒場のために醸す限定酒。宮城県以外ではこちらの店だけで飲める

お店からの一言

店主 橋野元樹さん

「10~12月は、
「和歌山・奈良・三重・紀伊半島」特集!」

SAKE storyの店舗情報

[住所]東京都品川区西五反田2-17-8 浅見ビル2階 [TEL]03-6431-9198 [営業時間]18時~23時半、金・祝前日は~24時(いずれもフード22時LO)、土17時~22時(イベント等あり要確認) [休日]日・祝 [席]カウンター・個室あり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し膳+スープ1400円 [交通アクセス]JR山手線ほか五反田駅西口から徒歩4分


電話番号 03-6431-9198

撮影/貝塚 隆 取材/本郷明美


2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル