MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
回転寿司 活けいけ丸(寿司/沼津)地産地消に拘った寿司屋☆活魚は勿論、駿河湾の捕れたて深海魚を味わえる♪

回転寿司 活けいけ丸(寿司/沼津)地産地消に拘った寿司屋☆活魚は勿論、駿河湾の捕れたて深海魚を味わえる♪

沼津で地魚に携わって80年の水産会社が直営する回転寿司店。駿河湾産の日替わりネタを豊富に揃え、中でも脂ののった金目鯛を使った握り、刺身、煮付けが名物。また沼津で近年話題となっているメヒカリや赤マンボウなどの深海魚も用意しており、寿司や一品料理で味わえる。

perm_media 《画像ギャラリー》回転寿司 活けいけ丸(寿司/沼津)地産地消に拘った寿司屋☆活魚は勿論、駿河湾の捕れたて深海魚を味わえる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

回転寿司 活けいけ丸(最寄駅:沼津駅)

地魚も深海魚も味わえる漁港きっての人気回転寿司店

特に昼時は行列する、この界隈でも随一の人気店だ。

生桜えびメガ盛り、本日の深海魚三昧、釜揚げしらすメガ盛り
638円、528円、363円

桜エビと釜揚げしらすがテンコ盛り! この日の深海魚はアカザエビ、メヒカリなど

ニギスフライ
418円

深海魚のニギスは淡白な味わい

活あじの姿寿司
1078円

ピチピチッ! 生簀から出たばかり

回転寿司 活けいけ丸の店舗情報

[住所]静岡県沼津市千本港町83 A棟 [TEL]055-964-2777 [営業時間]11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR東海道線沼津駅南口からバスで約15分、「沼津港」下車、徒歩すぐ


電話番号 055-964-2777

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年11月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル