MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
四季ごはん 晴れ間。(福井かつ丼/代々木八幡)|ふくよかなソースの味がクセになるソースカツ丼

四季ごはん 晴れ間。(福井かつ丼/代々木八幡)|ふくよかなソースの味がクセになるソースカツ丼

福井の食材や旬を取り入れた創作料理が評判の店。ソースカツ丼は、店主が幼い頃から食べていたという故郷の味だ。四季ごはん 晴れ間。[アクセス]小田急線代々木八幡駅南口から徒歩3分、地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》四季ごはん 晴れ間。(福井かつ丼/代々木八幡)|ふくよかなソースの味がクセになるソースカツ丼の画像をチェック! navigate_next

四季ごはん 晴れ間。(最寄駅:代々木八幡駅)

福井の食材や旬を取り入れた創作料理が評判の店。ソースカツ丼は、店主が幼い頃から食べていたという故郷の味だ。薄く叩いたロース肉は細かいパン粉をまとい、軽やかな揚げあがり。香味野菜の甘みを感じるウスターソースベースのタレに漬けて供されるので、肉は薄くとも味がしっかりしていて、シンプルながら奥深い。米は実家から届くコシヒカリを毎日精米する気の配りよう。タレの染み込んだご飯はヤミツキに!

福井のソースカツ丼
1030円

ウスターソースを軸に香味野菜の甘みや胡椒を隠し味にしたタレが決め手。カツ丼だけの注文はNG。店では2のおつまみ盛り合わせを注文するのがルール。2が付くおまかせコースに〆として付加するのがおすすめ

旬のおつまみ5品盛り合わせ
1620円

旬の食材の旨みと香りを上品に生かした酒肴が並ぶ

[その他のメニュー]
おまかせコース「晴れ間。本日のゆうげ」4110円、晩酌コース2160円など ※コースに追加注文できるアラカルトあり

四季ごはん 晴れ間。の関連記事

四季ごはん 晴れ間。

[住所]東京都渋谷区上原1-1-20 ☎03-6804-9980 [営業時間]18時~23時、日・祝17時~22時 [休]月 [席]カウンター5席、テーブル4席×2卓、6席×1卓 計19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]小田急線代々木八幡駅南口から徒歩3分、地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-6804-9980
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
はて?ここは何の店?それが第一印象。だし巻き玉子にチャーハン、ピザにタイ風春巻きと料理はノンジャンル。正直、“ハズレ”の予感すらよぎる。ところが! それらの何を食べてもひたすら旨いのだ。
 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。
京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。
中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。
最新記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル