MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京台湾(アジア/中目黒)|台湾料理店のお店♪東京流にアレンジされた家庭料理をお楽しみ下さい☆

東京台湾(アジア/中目黒)|台湾料理店のお店♪東京流にアレンジされた家庭料理をお楽しみ下さい☆

たわわ過ぎて、薄皮から飛び出そうな焼売の肉餡。噛み締めると懐かしい甘さがして、幼い頃、おやつで食べた蒸し芋を思い出す。

perm_media 《画像ギャラリー》東京台湾(アジア/中目黒)|台湾料理店のお店♪東京流にアレンジされた家庭料理をお楽しみ下さい☆の画像をチェック! navigate_next

東京台湾(最寄駅:中目黒駅)

ビストロシェフが台湾の家庭料理を東京流に

「サツマイモを使った熊本の郷土菓子『いきなり団子』に着想を得ました」とオーナーの須藤晋次朗さん。イモの甘みとスパイスが肉の旨みを引き立て、濃厚な味わいが赤ワインを呼ぶ。「台湾料理を東京流に再構築しました」。もとはビストロを営んでいた須藤さん。焼餃子の餡にはフルーツソースを、水餃子のタレにも果物の甘みを加えるなど、柔軟な発想が光る。店内も客席にはちゃぶ台、壁や棚には台湾雑貨が並ぶ自由さ。東京と台湾のMIX感がなんとも魅力的だ。

週末限定! 特製焼売(4個入り)

748円

餡には豚など3種の肉を使用。サツマイモや野菜の旨みがたっぷり。タレなしでそのまま食べる。ビオワインを常時10種揃えており、相性も抜群。グラス748円~

名物水餃子(4個入り)
550円

皮は自家製。小麦にタピオカ粉を加え、もちもちの食感に。酸味の利いたタレがよく絡み、満足感高し


緑豆春雨の炒め物
748円

味の決め手は干しエビの風味。柑橘とスパイスも香る

東京台湾の店舗情報

[住所]東京都目黒区上目黒2-14-1 寺内ビル1階 [TEL]03-6451-2499 [営業時間]12時~14時(日曜はランチなし)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水、12/30~1/5 [席]カウンターあり、全26席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可 [交通アクセス]東急東横線ほか中目黒駅から徒歩2分


電話番号 03-6451-2499

撮影/鵜澤昭彦 取材/岡野孝次

2020年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
現地のコンテスト受賞農家などから、厳選して直接買い付ける13種の茶葉や限定茶葉が揃う。それを工夫茶スタイルで自分で淹れて味わえる台湾茶カフェだ。
台湾発のライフスタイルショップ『神農生活』は、現地で高い人気を誇るだけでなく、日本人をはじめ観光客にも人気のスポットだ。2021年4月、大阪のあべのハルカス近鉄本店タワー館10階に日本初上陸。『食習』、『Oolong Market 茶市場』とともに魅力を探った。
台湾出身のご夫婦で営む台湾料理店。お母さんが丁寧に作る料理は、なにより食べる人の健康を一番に考えているという。
台湾では、朝ごはんを外食したりテイクアウトするのが一般的。そして、そんな台湾の朝食を食べられるお店が、東京で増えているんです。人気の3軒をご紹介します!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル