MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
伊勢廣 京橋本店|妥協は一切許さない老舗焼き鳥店の底力(焼き鳥/京橋)

伊勢廣 京橋本店|妥協は一切許さない老舗焼き鳥店の底力(焼き鳥/京橋)

1921年創業、小津安二郎に愛されたという逸話も持つ、言わずと知れた焼き鳥の老舗だ。使用する鶏の銘柄は特定せず、その都度仕入れられる最高のものを使う。塩の粒子の形、千住ネギの太さにもこだわり、姥目樫備長炭で焼き上げる。伊勢廣 京橋本店 (いせひろ)[交]地下鉄銀座線京橋駅7番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》伊勢廣 京橋本店|妥協は一切許さない老舗焼き鳥店の底力(焼き鳥/京橋)の画像をチェック! navigate_next

伊勢廣 京橋本店(最寄駅:京橋駅)

戦後から熟成を重ねたタレの旨みに、絶妙の火の通りと塩加減、それを受け止める米の甘みとが見事に調和した絶品の丼だ。

焼鳥4本丼
1550円

新鮮な笹身にかぐわしいワサビ、コリコリした食感が心地よい団子、ネギやししとうと合わせたもも肉、カリッと焼き上げた皮身がのる。焼きたてのところをすかさず頬張りたい

焼鳥3本丼
1050円

13時からの限定品「焼鳥3本丼」には小ぶりの茶わんに笹身、もも肉、団子がのる。丼には、いずれも漬け物と鶏スープがついてくる

伊勢廣 京橋本店

■『伊勢廣 京橋本店』
[住所]東京都中央区京橋1-5-4
[TEL]03-3281-5864
[営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、16時半~21時(20時半LO)、土曜日:16時半〜20時半(20時LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]1階カウンター7席、2階座敷2席×1卓、4席×4卓、6席×1卓 計31席/全席禁煙/カード可/予約可(昼は「昼のフルコース」〈3850円〉注文時のみ可)/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅 明治屋口から徒歩3分

電話番号 03-3281-5864
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
2020年6月にオープンした焼鳥店が放つのがご覧の大振りのから揚げ。ほうら、写真の断面からもジューシーさが伝わってくるでしょう? 
熱々を急いでほおばると、バリッ!サクッ!とメリハリの効いた音が脳内へと響く。香ばしい皮と、しっとりとした肉の対比を堪能しながら、冷たいビールをキュッといこう。
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル