MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
らーめん えんや(ラーメン/王子)|駅から徒歩スグ☆研究を重ねた最高の1杯をぜひご賞味下さい♪

らーめん えんや(ラーメン/王子)|駅から徒歩スグ☆研究を重ねた最高の1杯をぜひご賞味下さい♪

屋号はオーナーの父親が営んでいたラーメン屋を引き継いだもの。そのレシピを踏襲しつつも味を磨き上げ、オリジナルの一杯へと昇華させた。

perm_media 《画像ギャラリー》らーめん えんや(ラーメン/王子)|駅から徒歩スグ☆研究を重ねた最高の1杯をぜひご賞味下さい♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

らーめん えんや(最寄駅:王子駅)

立体的な味わいを創出する はかた地鶏と“伊吹いりこ”

魚と鶏の風味がふくよかに香る立体的なスープの秘密は、水出し煮干しとはかた地鶏のダシ。細切りストレート麺がこれだけ旨みの強いスープにも負けないのは、自家製麺時に全卵を練りこみ、風味とコシを出しているから。山くらげといった具やサブメニューにも個性が光り、店の印象をクッキリと残す。

味玉チャーシュー塩らーめん
1000円

歯応えが良い山くらげは、「他店があまり出していないオリジナルの一杯を楽しんでもらいたい」という思いから

麻辣塩らーめん 

900円

珍しい“しびれ系塩”。自家製ラー油の量で辛さを調整でき、ハマる人が続出!

彩美卵の温泉卵かけご飯
400円

秩父産の卵を使ったかけご飯は、ラーメンのスープを加えた自家製出汁醤油でいただく

お店からの一言

店長 長沼宏和さん

「研究を重ねて味を一新!打ちたての自家製麺でどうぞ」

らーめん えんやの店舗情報

[住所]東京都北区岸町1-1-10 岸町NU1階 [TEL]03-3905-6550 [営業時間]11時~翌1時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR京浜東北線ほか王子駅親水公園口から徒歩すぐ


電話番号 03-3905-6550

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
スープの約8割が“きのこダシ”という、かつてないシャンピニオンラーメンを考案。豚肉と魚介の旨みを重ねたダシで大量のきのこを煮出し、旨みたっぷりのスープに仕立てた。
創業昭和25年の老舗。メニューにレシピはなく、先代の仕事ぶりを見て覚えた味を提供している。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル