MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
パオ・キャラバンサライ(アジア・エスニック/東中野)|カラヒィが絶品!アフガニスタン料理が楽しめるお店♪

パオ・キャラバンサライ(アジア・エスニック/東中野)|カラヒィが絶品!アフガニスタン料理が楽しめるお店♪

店内には赤いアフガニスタンの絨毯が敷かれ、かの地の調度品も置かれているのが味わい深い。天井に吊るされたパオ(遊牧民のテント)の屋根は、30年前裏庭で営業を始めたときの名残だというから筋金入りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》パオ・キャラバンサライ(アジア・エスニック/東中野)|カラヒィが絶品!アフガニスタン料理が楽しめるお店♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

パオ・キャラバンサライ(最寄駅:東中野駅)

遊牧民の豪快なカラヒィ料理を焼きたてナンですくいつつ満喫!

まず注文したいのは「カラヒィ」。遊牧民が使う鉄鍋のことで、これで煮炊きした料理もそう呼ばれる。ぺハーワル・カラヒィは、羊のぶつ切り骨付き肉を使った豪快料理で、調味は塩だけというが、じっくり脂を出して仕上げられたソースがたまらず、肉の旨みを満喫。ヨーグルトの酸味とトマトがアクセントになったマントゥももっちり旨し。オアシスの晩餐へと心は飛んでいく。

ぺハーワル・カラヒィ、ナン、乳酒
3,600円(2~3人前)、350円(1枚)、1450円(ポット小)

焼きたてのナンを手でちぎって、直接鍋から肉とタレをすくって食べる

アフガンマントウ
580円

中は玉ネギと羊肉のミンチ。手作りの皮はもっちり

ムルグ(鶏の鉄串炭火焼)、カバブ(羊肉の鉄串炭火焼)、コフタ(羊肉団子の鉄串炭火焼)、ドーグ(ヨーグルトドリンク)
300円、350円、350円、550円

ムルグはスパイシーだが羊肉にはほとんどスパイスを使わず。しっかりした食感、香ばしい焼き加減だ

お店からの一言

店長 石川恵子さん

「1人前に作ったカラヒィもあります」

パオ・キャラバンサライの店舗情報

[住所]東京都中野区東中野2-25-6 1階 [TEL]03-3371-3750 [営業時間]17時~24時(22時45分LO)、日・祝は~23時(22時LO) [休日]火 [席]カウンターあり、全66席/分煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR総武線東中野駅東口・都営地下鉄大江戸線A3出口から徒歩2分 ※価格はすべて税別です


電話番号 03-3371-3750

撮影/貝塚 隆、西﨑進也 取材/池田一郎

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
現地のコンテスト受賞農家などから、厳選して直接買い付ける13種の茶葉や限定茶葉が揃う。それを工夫茶スタイルで自分で淹れて味わえる台湾茶カフェだ。
台湾発のライフスタイルショップ『神農生活』は、現地で高い人気を誇るだけでなく、日本人をはじめ観光客にも人気のスポットだ。2021年4月、大阪のあべのハルカス近鉄本店タワー館10階に日本初上陸。『食習』、『Oolong Market 茶市場』とともに魅力を探った。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル