MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ステーキ用の新鮮なUSビーフを使う、見た目も完璧なバーガーの旨さにただただ唸る!(ハンバーガー/池袋)

ステーキ用の新鮮なUSビーフを使う、見た目も完璧なバーガーの旨さにただただ唸る!(ハンバーガー/池袋)

豪快にかぶりついた瞬間、ただならぬ肉感のパティに衝撃すら覚えるだろう。ステーキ用のUSビーフ100%つなぎなし。見た目も完璧なバーガーの旨さにただただ唸る!No.18ダイニングバー (No.18 DINING&BAR)[交]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩7分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ステーキ用の新鮮なUSビーフを使う、見た目も完璧なバーガーの旨さにただただ唸る!(ハンバーガー/池袋)の画像をチェック! navigate_next

No.18 HAMBURGER & DININGBAR(最寄駅:池袋駅)

仕込みは約10㎏の塊肉をさばくことから始まる。ダイス状やスライス状など手切りでカットを変え、それらをバランスよく組み合わせて成形。肉のゴロッと感を出しつつもサックリ噛み切れるよう細部まで計算して仕上げているのだ。提供前にカリッと焼くバンズ、食感を考えてミルフィーユ状に折り畳んだレタスなど、見た目も完璧なバーガーの旨さにただただ唸る!

アボカドチーズバーガー
1300円

薄くスライスしたアボカド、チェダーチーズ、レタス、トマトのバランスが美しい人気メニュー。パティはシンプルな塩コショウ味だが、バンズにオレンジマーマレードとマスタードをブレンドしたソースや自家製タルタルソースを塗り、キレのある複雑な味わいに仕上げている

モッツァレラチーズバーガー
1100円

モッツァレラチーズ入りの定番バーガー。甘みのあるバンズは表面をカリッと焼いて香ばしくする

No.18 HAMBURGER & DININGBAR

※2019年4月1日再開予定(移転)※ 東京都豊島区東池袋2-57-2コスモ東池袋105 [TEL]03-6914-3718 [営]]11時〜20時30分L.O(売れ切れ次第終了)[休]火  [交]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩8分

電話番号
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
タイにマグロに、ヒラメにアジ。 これらは寿司ではなく、ぜ~んぶバンズに挟むハンバーガーの“ネタ”。2021年1月4日、代々木公園にできた『Pescarico(ペスカリコ)』は、フィッシュバーガーのお店なんです。
第一印象からインパクト大。下側が分厚いバンズは白くてもっちりだし、超粗挽きで肉感を残したパティは上質なステーキのよう。ペラペラでなくブロック状のベーコンだって存在感バッチリだ。
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル