MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
HENRY'S BURGER|焼き肉の名店が手掛ける黒毛和牛パティ(ハンバーガー/代官山)

HENRY'S BURGER|焼き肉の名店が手掛ける黒毛和牛パティ(ハンバーガー/代官山)

市ヶ谷の名店『炭火焼肉なかはら』が話題のバーガー専門店をオープン。最大の魅力は和牛を知り尽くした肉のプロがこだわるパティの旨さだ。ヘンリーズ バーガー (HENRY'S BURGER)[交]東急東横線代官山駅正面口から徒歩2分 ※ランチタイム有

HENRY'S BURGER(最寄駅:代官山駅)

一頭買いしているA5ランクの黒毛和牛処女牛のすね肉を主に使い、食感を楽しめるよう超粗挽きに。ゆっくり押し潰しながら焼いて余分な脂を落とし、旨みを閉じ込めている。 その上質な味を受け止めるのは、ほのかな甘みのあるバンズ。必要最小限に抑えた野菜と程良い酸味のソースの主張し過ぎないバランスも絶妙だ。いわゆる〝グルメバーガー〟とは呼ばず、スタンダードな旨さをとことん極めた味の完成度に脱帽する。

ハンバーガー・ダブル
1180円※コンボセットは1566円

主に旨みの強い黒毛和牛のすね肉を使う100%つなぎなしのパティ。「ダブル」は2枚重ねで食べ応えがある。具材はグリーンリーフ、トマト、チェダーチーズ。サクッとしたバンズは和牛の脂の甘みに合うよう高田馬場の専門店『馬場FLAT』と共同開発した。ソースはマヨネーズとケチャップがベースで、程良い酸味が絶妙に寄り添う

テイクアウト中心で店内はカウンター4席のみ

HENRY'S BURGER

■『HENRY'S BURGER』
[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-36-6
[TEL]03-3461-0530 
[営業時間]11時~20時
[休日]無休 
[座席]カウンター4席、計4席(テイクアウトが主)/全席禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]東急東横線代官山駅正面口から徒歩2分

電話番号
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。
 荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。ザクザク食感のフライドポテトも絶品!
ここは肉好きにその名を知られたイタリアン。でもランチはハンバーガーがなんと7種類。ANTICA OSTERIACARNEYA(アンティカ・オステリア・カルネヤ)[交]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt