MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鬼滅ブームにのって、鬼ころしの美味しい飲み方を考えてみた。

鬼滅ブームにのって、鬼ころしの美味しい飲み方を考えてみた。

ピークより少し落ちてきたかもしれないですが、まだまだ人気の漫画『鬼滅の刃』。鬼と聞いておと週編集部が思い浮かんだのは、あのお酒。少々強引かもしれませんが、あのお酒の本当に旨い飲み方を開発してみました。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

『鬼滅の刃』ブームでにわかに騒がれている、あのお酒

少年漫画が原作のアニメ映画、『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』が大人気だ。公開から73日目の12月28日に、興行収入が324億円を記録。国内興行収入の1位の座についた。

コラボ商品の数もうなぎのぼり。缶コーヒーから和菓子、カップ麺などなど、食品市場をも席巻している。そんな折、「鬼滅」というワードに乗ってにわかに若者の間で注目を集めているのが日本酒の「鬼ころし」なのだ。たしかに古くから「鬼」をフューチャリングしている酒ではある……!

ズラリ、4種類。こんなに品揃えがよかったっけ……?

本当に旨い飲み方を開発!

実はこの「鬼ころし」、3年ほど前から編集・武内とわたくしの間で「炭酸で割ると異常にウマい!」と注目をしていた酒なのだ。今回の鬼滅ブームにのり、せっかくなので「おしゃれでおいしい、『鬼ころし』の飲み方」をお伝えしたい。

ストレートの飲み方。ストローを差すのが正しい作法だ

写真では強炭酸を用意したが、微炭酸で割ると日本酒の香りの柔らかさが立つ。お好みで炭酸の強さを飲み比べてみてほしい。

ここに編集・戎が「焼酎の金魚割みたいに、唐辛子を二本浮かべたらより鬼っぽくなるのでは?」とイカし(れ)た提案が……。ということでカップに鷹の爪をそっとのせてみる。

おお、強そうに見えるではありませんか……!

味も時間が経つとじんわり辛みが利いて、妙にクセになる感じ。写真もほら、映えるではありませんか!! 炭酸と合わせて300円以下でたっぷり飲める「鬼ころしソーダ」、ぜひお試しを〜!

取材・撮影/赤谷まりえ


※アルコールは適量飲酒を。体と人間関係に負担をかけない範囲が大事です!
※満20歳未満の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」で禁止されています

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べました。鶏肉に続き、今回は牛&豚肉を実食!!
自給自足に近い暮らし方を実践中の自然派医師・本間真二郎さん。米や野菜だけでなくふだん店で買うような加工食品までも手づくりし、腸内細菌を元気にしています。そんな日々の食卓を3回に分けて拝見。1回目は「手づくりがんもで作る熱々おでん」です!
冬に軽トラでやってくる「い〜しや〜き〜いも〜」の声と、甘いイモの香りに誘われて石焼きイモを買った人は数多くいるでしょう。では、石焼き芋の石って、そもそもなぜ石で焼くのか? では石だと何がいいのか? 知ってるようで知らない謎を石屋さんに直撃しました!
東京駅はビアスポット激戦地。2020年8月に開業したグランスタ東京にある最新店を、年間約300杯は呑んでいるビール好き編集・戎が巡りました。
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べてみました。今回は鶏肉の缶詰!
最新記事
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル