MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
密かに売れてる“裏ヒットグルメ”

密かに売れてる“裏ヒットグルメ”

当サイトではここ数日、トレンドや人気No1だと書いてきましたが、密かに売れている隠れたヒット商品も数知れず存在しています。ここでは本誌コラム記事でおなじみ“裏モノライター”カーツさとうが見つけた“裏ヒットイート”を表立って公開します!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

中高年をくすぐる80年代風リキュール「バリキング」

『バリキング』! それはショウガ・高麗人参・山椒を配合した、働くあなたを全力応援する2杯目の酒として、サッポロが売り出しているリキュール。

甲類焼酎的に炭酸類で割って呑むんすが、日々お疲れの一部オヤジに大人気! ブランドサイトもオヤジ魂ワシ掴みの80年代テイスト! 味もスッキリッと呑みやすい。多くの『養老乃瀧』で呑めて、炭酸割の「プレーン」は1杯300円(税抜き)!!

“まいばすけっと”などで販売! PBエナジードリンク「エナジーハンター」

今や大手コーラブランドも参入した“エナジードリンク”。イオングループのプライベートブランド「トップバリュ」が開発した「エナジーハンター」がエナドリマニアに売れてる。

1本税抜き138円という低価格なのに、エナドリのキモのカフェインとアルギニンの含有量が他ブランドより多いという“売れなきゃおかしい”商品。シュガーフリータイプ(同価格)や、ゼリータイプ(128円)も大人気販売中!

Webで売れてる低カロリーレトルト食品「マイサイズシリーズ」

「ボンカレー」で日本にレトルト食品を根付かせた大塚食品が、『マイサイズ』シリーズという100カロリーの(150カロリーの商品も一部あり)低カロリーレトルト食品を販売しているのを御存知でした?

それもカレーだけにとどまらず、丼物など22種類も(すいません、写真のパスタソースやシチュー系は生産終了で市場に残った分のみみたい)。ネットやドラッグストアで、わかりやすく売れております!

日本発! 安旨ナッツに熱視線「いかり豆」

続いてますねナッツブーム! ヘルシー&ダイエットにも効果ありと、スーパーフード化してますが、ナッツってお高いんですよね、特に人気の舶来物。

かといって廉価なピーナッツはどうもナッツというより柿ピーのイメージで......、とお嘆きの方々に大人気の品が『いかり豆』。そら豆を揚げたモノで、奈良県が発祥といわれておりますが、ウマくて安い!! ナッツはこれで決まりという人続出中。商品は各社多数あり。

“ドンキ”でプッシュ!? グロ旨イート「昆虫食」

たんぱく質が豊富。飼育が肉類よりも圧倒的に容易。未来の食品と言われてもおります 「昆虫食 」。なんと『驚安の殿堂ドン・キホーテ』の一部店舗では、食品売り場でも売られておった!

それもアリにサソリにゲンゴロウ、イモムシ、バッタにコオロギ、オケラとフルラインナップ!! これはもう、売れ出しているってことなんだろうなァ。写真の『Mixed Bugs』 はコオロギとイモムシで税抜き1200円......。

以上、密かに売れてる“裏ヒットグルメ”でした。街で見かけたらご購入の上、お試しあれ!!

取材・撮影/カーツさとう

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べました。鶏肉に続き、今回は牛&豚肉を実食!!
自給自足に近い暮らし方を実践中の自然派医師・本間真二郎さん。米や野菜だけでなくふだん店で買うような加工食品までも手づくりし、腸内細菌を元気にしています。そんな日々の食卓を3回に分けて拝見。1回目は「手づくりがんもで作る熱々おでん」です!
冬に軽トラでやってくる「い〜しや〜き〜いも〜」の声と、甘いイモの香りに誘われて石焼きイモを買った人は数多くいるでしょう。では、石焼き芋の石って、そもそもなぜ石で焼くのか? では石だと何がいいのか? 知ってるようで知らない謎を石屋さんに直撃しました!
東京駅はビアスポット激戦地。2020年8月に開業したグランスタ東京にある最新店を、年間約300杯は呑んでいるビール好き編集・戎が巡りました。
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べてみました。今回は鶏肉の缶詰!
最新記事
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。
今、サバ界隈ではカツがアツい。一部ではとんかつを超えたとも。そのさばカツが、海苔弁当と最強タッグを結成したということでサバジェンヌが実食。その実力をガチンコ裁定します。記事の終盤には、プロレスファンには見逃せない情報も掲載。読んでみろ、とぶぞ!!
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
長野県上田市にある『拉麺酒房 熊人』に、希少な味噌で作った“大人の味噌ラーメン”があると聞き、訪ねることにした。ここは、全国からラーメンファンが集う、知る人ぞ知る名店。
ラーメンは日々進化し続けています。その中でも、2020年にお目見えした醤油ラーメンはインパクト抜群。もちろん、味も絶品です。そんな、ココでしか食べられない一杯をご紹介します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル