MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「チーズ」で自分軸を定め、自分らしく行動を!|2021年2月の開運メシ

「チーズ」で自分軸を定め、自分らしく行動を!|2021年2月の開運メシ

九星気学に基づいてお届けする開運メシ。2月は二十四節気では1年のはじまり。自身の運勢を照らし合わせながら、節目のときだからこそ食べたい料理をチェック!!

perm_media 《画像ギャラリー》「チーズ」で自分軸を定め、自分らしく行動を!|2021年2月の開運メシの画像をチェック! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年2月の全体運

2月3日立春を迎える。例年2月4日に立春を迎えるのが普通だが、今年は37年ぶりに1日(厳密にいうと1分だけ)早く暦が動き、ここから本格的な2021年がスタートしていく。

そしてこの2月を司るのが「人間そのもの」を示す五黄土星。
人間だからこそ持つ「愛」「欲望」「感情」を通じて、自分の中の「優しさ」「ずるさ」「強さ」「弱さ」などを改めて見せられる場面に出くわすことが!

「はっ!」としたら、些細なきっかけを逃さず、ちょっと足を止め、一人一人が「自分」を見つめ直すための時間を作ろう!

頑固をやめて柔軟に!

本格的な2021年のスタートは

「チーズ」で自分軸を定め、自分らしく行動を!

そんな2月をサポートする「開運めし」には「チーズ」がオススメ!

五黄土星には「発酵」「腐敗」という象意があり、「チーズ」はまさに発酵食品の代表。
「発酵」と「腐敗」はどちらも微生物の力によって物質が変化すること。でも、人間にとって有益か有害かで人間が勝手に線引きしている。

今月はまさにそんな感覚で自分を見直してみると良い。
自分の行動に「愛」や「やさしさ」はあるのか?
「欲望」や「ずるさ」で自分をごまかしていないか?
人間の質をすべて一度自分の中に取り込み、自分自身が有益な「発酵食品」となるのか?
「腐敗した」有害なものになるのか?

そんなことを考えながら「チーズ」を食し、もう一度「自分軸」を定めて、自分らしく行動していこう!

2月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

ラクレットチーズ

主役の野菜の味わいを引き立てるラクレットチーズのように、自分の旨みを引き出そう!

ピッツァ

いろいろな具で多彩に楽しめるピッツァで「五黄土星」のプラスの気をゲット!

バスクチーズケーキ

食通を唸らせるチーズケーキから「他にはない個性と魅力」を学ぼう!

九星別 2月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



運気がダウンする2月。
物事は思うように進まず、健康面も不調に。
そんな時は焦らずゆったり構えること。
もともとはコミュニケーション上手な一白水星だが、
今月は人間関係もふとしたことでトラブルに。
大切なことは、相手との関わり方ではなく、
今の自分の状態をしっかりと把握すること。
人に合わせるよりも、
自分の気持ちに素直に行動することが解決策に!
すべての答えは自分の中にあることを忘れずに。

2月に入り、運気は徐々に回復へ向かう。
といっても、まだまだ本調子ではないから、
いきなり走り出さずに少しずつ丁寧に進むこと!
また、仕事でもプライベートでも、
どうでもいいような雑用でバタバタと忙しくなりそうだ。
ただ、今は何がチャンスに転じるかわからないときなので、
頼まれたことは嫌がらず引き受けてみよう!
「イライラ」や「怒り」は順調に進んでいることも
壊してしまうので気をつけて!

立春を境に運勢がグンと活気づく2月。
もともと活動的な三碧木星、そろそろ思い切り動き出そう!
とくに人との関わりが活発になるとき。
損得勘定を抜きにいろいろな人と関わるのが◎。
また、何か新しいことを始めたいと思っているなら、
持ち前の好奇心で思い切ってスタートを!
環境や周囲からのバックアップがありそうだ。
遠方や海外からは自分にとってプラスの情報が舞い込むので
上手に活用しよう。

2月、運気は絶好調! 自分の実力を思う存分発揮できるとき。
今現在、調子が良い人もまだ調子が出てない人も、
まずは気持ちを「ポジティブ」に切り替えることが先決。
そして、いつもより大胆に、遠慮せず自分をアピールしよう!
トラブルにぶつかる場合もあるが、
今月は自分自身が投げやりにならない限り、
問題解決もスムーズに! どんなときもふて腐れず
柔軟に誠意を持って対応することを心がけよう!

ここ数ヶ月運気好調で走り続けた五黄土星も、
2月はちょっと小休止。
2021年No.1最強運の五黄土星だからこそ、
本格スタートに向けもう一度足元を見直すことが必要なのだ。
これまでやってきたことを経て、
改めて何か「決意」することが出てくるはず。
確固たる信念を持ち、自分を信頼して歩き出す準備を整えよう!
また、今月は人から頼られることも多くなりそう。
自分のことよりも周囲への心配りをすると◎!

2月に入っても緊急事態宣言が続き、
リアルで会うことが難しい地域もあるが、
六白金星は「人との交流」が楽しい1ヶ月に。
独身の人には恋愛のチャンスもありそうだ。
ぜひ、今できることで工夫をしながら交流を深めよう!
ただ、注意したいのが「うっかり発言」。
何気なくポロっと発したひと言が、
自分より目上の人や異性の機嫌を損ねかねない。
また今月は車の事故や夜間のトラブルにも十分ご注意を!

楽しいこと、賑やかなことが大好きな七赤金星が、
「自分らしさ」を発揮できる2月。
コロナ禍での不自由なコミュニケーションも、
あなたのやさしいひと言が相手の心に響き、
人と心を通わせることができるはず。
恋愛関係であれば距離が縮まり、一歩前進するチャンスにも!
また今月は、仕事、プライベートに変化がありそう。
たとえプレッシャーが大きいものであっても、
勇気を出し思い切って乗っていくのが◎!

立春からの新しいスタートはアグレッシブに!
2月は大きく何かが動き出す予感。
その中で、これまでとは180度違う方へと
方向転換する人も出現しそうだ。
エネルギーは「思考」に従うと言われるので、
「志」は常に高く、しっかりと目的を決めて行動を。
また今月は、ちょっとしたことで頭に血が上りやすくなる。
だが、「上から」モノを言えば相手の反発を買うことに。
イラっとしたら深呼吸! 心を落ち着けよう。

2021年、人生の大転換期に入った九紫火星が、
最初の一歩を踏み出す2月。
手始めに、まずはいらないものを手放そう!
どうでもいいこだわりとか、ついついやってしまう悪癖、
自分にとって必要のない人間関係や、
ただ捨てられずにしまい込んだガラクタなど……。
いらないものがスッキリ片付くと、頭もクリアに。
そして「自分の中に眠る小さな可能性」を発掘し、
ゆっくり育てる準備を!
立春に恵方参りがオススメ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連記事
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
例年より早く木枯らしが吹き、冬の足音が一気に近づいた11月。運勢を司るのは「五黄土星」。「五黄土星」が中宮に廻座するのは3月に続き2回目。ということで11月は「リスタート」を意識しよう! 今年もあと3ヵ月(気学では翌年2月3日までを1年とする)。まだ本気出してない人も(笑)、「しまった!」という経験をした人もまだまだ間に合う!
10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル