MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
そういえば、から揚げ店増えてませんか? のナゼを探る【絶品店情報付き】

そういえば、から揚げ店増えてませんか? のナゼを探る【絶品店情報付き】

近頃、チェーンのから揚げ屋さんが増えていると思いませんか? その理由を探るとともに、テイクアウトができるから揚げとは少し違った美味しい揚げ鶏の店をご紹介します。チェーンも含め、いろんな揚げ鶏を楽しんでみてください。

perm_media 《画像ギャラリー》そういえば、から揚げ店増えてませんか? のナゼを探る【絶品店情報付き】の画像をチェック! navigate_next

気のせいではない。数字が示すから揚げ専門店の増加

あれ? こんなところにお店ができたんだ?

おや? ここって前はタピオカミルクの店じゃなかったっけ?

なんて最近、新店ができるとどういうわけだか、から揚げ屋なことが多い。富士経済が2020年5月に発表した、外食産業実国内市場の調査では、から揚げを主にした専門店の市場は2019年に835億円であったのが、2020年には1050億円と12%近い伸びを見せている。

さらに2018年と比較すると実41%増になるそうだ。から揚げ店が増えたなあというのは錯覚でも、なんとなくの印象でもなく、事実なのである。

「なぜから揚げ?」の答え

そこで浮かぶのが「なぜから揚げ?」という疑問だ。FC開始5年で約150店舗に伸びた『鶏笑』の謳い文句が、その答えを示している。曰く「低コスト、省スペース、簡単調理」。

それは鶏を揚げるフライヤー、材料を保存する冷蔵庫、それらを置く簡易な建物さえあれば、簡単に開業できることを意味している。加えて商店街や駅前ではなく、スーパーの近隣に出店し買い物客をターゲットにするという独自のノウハウも構築している。

さらに、このコロナ禍だ。機会が増えた自宅酒に専門店のから揚げは、少しでも外食気分を盛り上げてくれる、かといって揚げ物はキッチンが汚れるので頻繁に作りたくない、そんなふたつの消費者心理にも後押しされ、専門店のから揚げ需要はググンと伸びたようだ。2度目の緊急事態宣言が解除されるのは、まだ少し先になりそう。このから揚げ需要はまだまだ伸びそうな予感だ。

おと週オススメのテイクアウト&デリバリーの揚げ鶏店

ちなみに、テイクアウト、デリバリーで編集部がオススメするのは麻布十番にある『銀座キャンドル』と武蔵小山と自由が丘に店を構える『ひな鶏 素揚げ 目黒 月鳥』(出前は武蔵小山のみ)だ。

前者は多くの芸能人に愛され、美輪明宏さんに「宇宙一」とまで称賛された、昼のみ間借り営業するフライドチキンのお店。

後者は半羽や砂肝などの部位の素揚げ専門店。チェーン店よりもさらにこだわった唐揚げを楽しみたいのなら、こういったオリジナリティある店の味で自宅飲みをしてみては。

『銀座キャンドル』(麻布十番)

「チキンバスケット」(ミニコロッケ・パン・フレンチフライ・オニオン・レモン付き)2530円

フライドチキンは1ピースが約100gと大ぶり。から揚げと言うよりは、極細のパン粉をまとませサックリと揚げることで、ジューシーかつ柔らかなチキンに仕上げている。

[住所]東京都港区麻布十番3-5-8 エクセルシオール麻布 地下1階
[電話]03-6453-9511
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO、売り切れ次第終了)
[休日]月・火

『ひな鶏 素揚げ 目黒 月鳥』(目黒)

「ひな鳥素揚げ」(880円〜)

ムネ、手羽先、モモなどを丸ごと素揚げした名物「ひな鳥素揚げ」(880円〜)、せせりやハラミ、ぼんじりなどを素揚げした「元祖 せすじ素揚げ」(2本・780円〜)、そのほか「さえずり」(2本・460円)、「すなぎも」(並・400円など)を用意。

『武蔵小山店』
[住所]東京都目黒区目黒本町5-32-12
[電話番号]03-3176-6668
[営業時間]16時〜23時(配達17時〜21時)
[休日]日・祝(不定休あり)

『自由が丘店』
[住所]東京都目黒区自由が丘1-3-24
[電話番号]03-6421-1216
[営業時間]16時〜23時、土14時〜、日・祝14時〜21時半
[休日]月(不定休あり)
[HP]https://tsukidori.com

というわけで、チェーン店が増えている理由と、チェーン店にはないこだわりのフライドチキン、素揚げのお店を紹介しました。店が増えている今だからこその食べ比べ、ぜひ!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
「ロピア」というスーパーをご存知だろうか? 6月6日に結婚したばかりの“カトパン”こと加藤綾子さんのお相手が社長ということで話題になっている。神奈川県を中心に59店舗を展開し、その多くが郊外の大型店。弁当・惣菜に続いては、プライベートブランド商品をご紹介する。
巷に自動販売機は数あれど、大抵が同じ類のものばかり。かつて隆盛を誇ったグルメ系自販機も今は昔、なくなっていたと思いきや……神奈川県相模原市にあったのです!! 全95台が集まる“聖地”へ自販機好きの編集部スタッフが喜び勇んで向かいました。
人気の街「東京・下北沢」に、次世代型の商業ゾーン「reload」(リロード)が誕生しました。線路跡地に建つ低層施設には、飲食店をはじめ個性豊かな店舗が並んでいます。建物の内側には、吹き抜けや通路が配され、まるで路地を歩いているような感覚で楽しめる“空間”です。オープン直前の内覧会に出かけ、各店の人気メニューを味わってみました。
巷に数多ある自動販売機。大抵は飲料ですが、たまに「ん?」と2度見するような自販機があります。明日発売の本誌2021年7月号にて自販機を取り上げていますが、その中の一台、ソースの自動販売機記事の拡大版をひと足先に公開。東京で一番歴史のある「トキハソース」の自販機です。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル