SNSで最新情報をチェック

近頃、チェーンのから揚げ屋さんが増えていると思いませんか? その理由を探るとともに、テイクアウトができるから揚げとは少し違った美味しい揚げ鶏の店をご紹介します。チェーンも含め、いろんな揚げ鶏を楽しんでみてください。

画像ギャラリー

気のせいではない。数字が示すから揚げ専門店の増加

あれ? こんなところにお店ができたんだ?

おや? ここって前はタピオカミルクの店じゃなかったっけ?

なんて最近、新店ができるとどういうわけだか、から揚げ屋なことが多い。富士経済が2020年5月に発表した、外食産業実国内市場の調査では、から揚げを主にした専門店の市場は2019年に835億円であったのが、2020年には1050億円と12%近い伸びを見せている。

さらに2018年と比較すると実41%増になるそうだ。から揚げ店が増えたなあというのは錯覚でも、なんとなくの印象でもなく、事実なのである。

「なぜから揚げ?」の答え

そこで浮かぶのが「なぜから揚げ?」という疑問だ。FC開始5年で約150店舗に伸びた『鶏笑』の謳い文句が、その答えを示している。曰く「低コスト、省スペース、簡単調理」。

それは鶏を揚げるフライヤー、材料を保存する冷蔵庫、それらを置く簡易な建物さえあれば、簡単に開業できることを意味している。加えて商店街や駅前ではなく、スーパーの近隣に出店し買い物客をターゲットにするという独自のノウハウも構築している。

さらに、このコロナ禍だ。機会が増えた自宅酒に専門店のから揚げは、少しでも外食気分を盛り上げてくれる、かといって揚げ物はキッチンが汚れるので頻繁に作りたくない、そんなふたつの消費者心理にも後押しされ、専門店のから揚げ需要はググンと伸びたようだ。2度目の緊急事態宣言が解除されるのは、まだ少し先になりそう。このから揚げ需要はまだまだ伸びそうな予感だ。

おと週オススメのテイクアウト&デリバリーの揚げ鶏店

ちなみに、テイクアウト、デリバリーで編集部がオススメするのは麻布十番にある『銀座キャンドル』と武蔵小山と自由が丘に店を構える『ひな鶏 素揚げ 目黒 月鳥』(出前は武蔵小山のみ)だ。

前者は多くの芸能人に愛され、美輪明宏さんに「宇宙一」とまで称賛された、昼のみ間借り営業するフライドチキンのお店。

後者は半羽や砂肝などの部位の素揚げ専門店。チェーン店よりもさらにこだわった唐揚げを楽しみたいのなら、こういったオリジナリティある店の味で自宅飲みをしてみては。

『銀座キャンドル』(麻布十番)

フライドチキンは1ピースが約100gと大ぶり。から揚げと言うよりは、極細のパン粉をまとませサックリと揚げることで、ジューシーかつ柔らかなチキンに仕上げている。

[住所]東京都港区麻布十番3-5-8 エクセルシオール麻布 地下1階
[電話]03-6453-9511
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO、売り切れ次第終了)
[休日]月・火

『ひな鶏 素揚げ 目黒 月鳥』(目黒)

ムネ、手羽先、モモなどを丸ごと素揚げした名物「ひな鳥素揚げ」(880円〜)、せせりやハラミ、ぼんじりなどを素揚げした「元祖 せすじ素揚げ」(2本・780円〜)、そのほか「さえずり」(2本・460円)、「すなぎも」(並・400円など)を用意。

『武蔵小山店』
[住所]東京都目黒区目黒本町5-32-12
[電話番号]03-3176-6668
[営業時間]16時〜23時(配達17時〜21時)
[休日]日・祝(不定休あり)

『自由が丘店』
[住所]東京都目黒区自由が丘1-3-24
[電話番号]03-6421-1216
[営業時間]16時〜23時、土14時〜、日・祝14時〜21時半
[休日]月(不定休あり)
[HP]https://tsukidori.com

というわけで、チェーン店が増えている理由と、チェーン店にはないこだわりのフライドチキン、素揚げのお店を紹介しました。店が増えている今だからこその食べ比べ、ぜひ!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...