MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京駅「グランスタ東京」で買うべき手土産

東京駅「グランスタ東京」で買うべき手土産

東京駅で2020年にオープンしたスポットに、新たな手土産が続々と登場しています。その中から駅限定の商品に絞って大調査。ここでは「グランスタ東京」の厳選7品をご紹介します。どういう方に渡すといいかも明記していますので、ご参照ください。

perm_media 《画像ギャラリー》東京駅「グランスタ東京」で買うべき手土産の画像をチェック! navigate_next

改札内にあるから新幹線乗車前後でも買える

駅利用者のニーズを満たし、新たな発見の場の提供を目指す「TRY NEW TOKYO ST.」をコンセプトとして2020年8月3日に全66ショップをオープン。エキナカ初登場や新ブランドなどを揃え、20種類以上の限定商品が並ぶ。ここでは1階の店舗の美味をご紹介。

[場所]東京駅構内1階
[営業時間]店舗により異なる
その他、公式HPでご確認ください。

『じゃがボルダ』の「POTA-TO BOULDE(ポテボルダ)」

バターソルト味×2、サワークリームオニオン味×1 3袋入(1296円)

[自分用に]ザクザク食感とクセになる味で手が止まらない

焼いた生地にバターをかけて焼き上げる“Wグリル製法”で、ザクッとした食感に。

ひと口サイズで食べやすく、噛むとバターの旨み、サワークリームの爽やかさがあふれ出す。単品はひと袋432円で、箱入りは6袋入(2592円)も用意。

『nuevo by BUNMEIDO』の「メープルカスティーラ」

6個入(1080円)

[目上の方に]伝統のカステラが進化! メープルの風味がふわ〜っと広がる逸品

文明堂が手がける新ブランド。しっとりと柔らかなカステラ生地をひと口含めば、カナダ産メープルの香りと甘みがじゅわ〜っとやさしく広がり、口福が訪れる。

牛乳や紅茶との相性の良さはもちろん、ハイボールと合わせてもGood!

『petit gargantua』の「塩バターサブレ レクタングル」

7枚入(1944円)

[目上の方に]素材を厳選! ひと口食べればわかる上質さで万人に愛される

帝国ホテルのホテルショップが展開する初の姉妹店。帝国ホテルのメインダイニングでいただけるフランス産発酵バターを使ったサブレは、軽やかな歯触りと塩気が利いた素朴な味

その他、ホテルで焼かれたパイなども販売。

『COCORIS』の「サンドクッキー ヘーゼルナッツと木苺」

6個入(1296円)

[友だちに]太陽をたくさん浴びた木の実の恵みをクッキーで堪能

木の実を味わうお菓子専門店の看板商品。

風味豊かなヘーゼルナッツココアペーストとキイチゴペーストを、それぞれスペイン産ミルクチョコレートでコーティング。噛むと濃厚なペーストがとろ〜り。10個入2160円、16個入3456円も。

『MAISON CACAO』の「生チョコクッキー ラムレーズン」

12袋(2160円)

[友だちに]東京産にこだわった、ほんのりアルコール入り大人のスイーツ

生ホワイトチョコレートが練り込まれた、繊細な口当たりのクッキー。

ラムレーズンは小笠原産の「海底熟成ラム」を使って丁寧に作られる。上質な味わいと食感で、お茶請けでも酒のお供にも持ってこい。朝・昼各30個の数量限定入荷。

『Now on Cheese♪ Hello,Tokyo Station!』の「チーズケーキサンド」

チーズケーキサンド、チーズケーキサンド いちご 6個セット(2268円)

[自分用に]チーズスイーツ専門店の本格的なケーキをサンドで手軽に♪

北海道産生クリームとオーストラリア産クリームチーズを使用。

じっくりと低温で焼き上げたチーズケーキを、しっとりとしたサブレでサンド。本格的な味わいが楽しめ、手土産にも最適だ。日持ちは当日中で要冷蔵。単品は各378円。

『元祖木村焼き 百両屋』の「こしあん、クリーム」

4個セット(780円)

[自分用に]メゾンカイザーの代表がプロデュースする専門店のあんぱん

バターと卵を贅沢に使ったブリオッシュに、なめらかなこしあんやカスタードクリームを内包。単品は195円。

季節限定で、こしあんとドライフルーツなどが詰まった「果のこ」(270円/2021年3月末まで)も。常温で翌日、冷凍で1週間もつ。

以上が、たくさんある中から「おとなの週末」編集部が実食して選んだ厳選の手土産スイーツです。

グランスタ東京で手土産に迷った際は、ぜひ本記事でご紹介した商品を選んでいただけますと幸いです。

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
どうです、この鮮やかさ! 予約の取れないマグロ料理専門店のチラシ弁当は、容器の竹かごまで美しい。
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。
国内ナンバーワンシェアを誇るデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザが、ご飯とピザをひと皿で味わえる「ピザライスボウル」シリーズの第2弾を発売しました。9月から新に加わったテイストは、「北海道3(スリー)チーズ」と「明太マヨモチ」の2種類。「洋」でありながら「和」を一層意識させるメニューは、さらに日本人の心と胃袋をがっちりつかめるのか、そのお味は?
平日でも途切れることなく、チーズを買い求めるお客さんが訪れる店。オーナーの森節子さんが、一般の会社員からチーズ好きが高じ専門会社に転職、神楽坂に店をオープンさせたのは2000年のこと。
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル