MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京名物を目指す! 恵比寿ぬか漬けの発信基地が誕生|新店ニュース

東京名物を目指す! 恵比寿ぬか漬けの発信基地が誕生|新店ニュース

2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

野菜、肉、魚介! 座りや半立ち飲みで多彩なぬか漬けを食す

サムネイルの写真をご覧いただいたでしょうか。キレイでしょ。これ、全部ぬか漬けなんです。

野菜や肉、魚の他、ぬか漬けと食べて楽しむ創作料理なんてのもあります。どの素材でもぬかに漬け込むのは、基本24時間。時間を揃えるため、料理長の平岡佑一さんが会席料理店での経験を活かした仕込みで調整しています。また、ぬか漬けといえば塩分が気になりますが、沖縄の海塩「ぬちまーす」を使って軽減。

そんな“恵比寿ぬか漬け”を、カウンターやパイプに腰掛ける“半立ち飲み”でカジュアルにいただけます。開店から1時間半、閉店までの1時間は野菜やおつまみのぬか漬けといったライトメニューでちょい呑みもOK。

今後は、3人以上でひと箱のぬか床をキープできるサービスも展開(金額検討中)。こちらも注目です!

NUKAstagram Photo spot 九種
1450円

燻製オイルに漬け込んだ「うずらのぬか漬け」に、醤油ジュレを絡めた「タイのぬか漬け 芽ネギ巻き」、オリーブオイル香る「日野菜カブとゴボウのマリネ」など、和洋折衷の9品

特上タンのぬか昆布〆焼き
2500円

タン中からタンモトを使用。締めた昆布の上にタンを敷き、その上からぬかをのせて漬けます

噛むほどにタンの甘みの後から旨みがジュワリ。

本日のお野菜のぬか漬け、ビーフジャーキー

本日のお野菜のぬか漬け(350円〜)、ビーフジャーキー(500円)、茶ハイ ほうれん草(650円)

野菜は、黒七味で楽しむ「長芋」、からしと合わせる「かぶ(スワン)」、山椒と相性のいい「赤カブ」など。各400円。

ジャーキーもぬか漬けに! 噛めば噛むほどぬかの味を感じられます。

ほうれん草を使って作るお茶とキンミヤで割った「茶ハイ ほうれん草」とぜひ。エグミがなくスッキリと飲めますよ。

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-10-8 エビスビル1階
[電話]03-5422-8362
[営業時間]16時〜23時半(フード22時半LO、ドリンク23時LO) ※日は15時〜、金16時〜翌4時半(フード翌2時LO、ドリンク翌3時半LO)
[休日]火
[交通]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩5分

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部) ※店のデータは、2021年2月号発売時点の情報です。



※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
おすすめは肩ロース、ハラミ、牛タンという3種の部位を一皿に盛り付けたステーキ3種盛。基本はミディアムレアだが熱々のぺレットで、好みの焼き加減に調整することも可能。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
最新記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル