MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼貝 あこや(アジア・エスニック/恵比寿)|新鮮な季節の貝と日本酒を愉しめる♪お昼は絶品ルーロー飯が◎

焼貝 あこや(アジア・エスニック/恵比寿)|新鮮な季節の貝と日本酒を愉しめる♪お昼は絶品ルーロー飯が◎

ここはれっきとした貝の専門店だ。しかも都内で貝料理といえば、必ず名前が上がるほどの店でもある。

perm_media 《画像ギャラリー》焼貝 あこや(アジア・エスニック/恵比寿)|新鮮な季節の貝と日本酒を愉しめる♪お昼は絶品ルーロー飯が◎の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

焼貝 あこや(最寄駅:恵比寿駅)

昨年末にスタート! 貝の店のランチはあの台湾グルメ

たまたま前を通りがかったら、そこに掲げられていた真新しい看板を思わず二度見した。なぜにルーロー飯!? 
仕事で台湾に足を運ぶうち、この料理にドハマりしたのが店主の延田さん。現地の店を食べ歩くこと、なんと50軒以上(!)。そうして完成させたのがこの1杯だ。ゴロッと大きめにカットした豚バラを、ほんのり甘い台湾醤油をベースにしたタレでコトコト煮込む。とろりとした脂のコクと中華スパイス“五香粉”のエキゾチックな香りがご飯に染みて、もう夢中でレンゲを運んでしまう。トッピングの玉子は本場スタイルなら固茹でだけど、日本人好みの半熟ってところもニンマリなのだ。

ルーロー飯
700円

どっしりとした豚バラのコクに中華スパイスの複雑な香りがしっかり寄り添う。口直しにセロリの浅漬けをオン。貝ダシと鶏ガラを合わせたスープもこれまた旨し!

お店からの一言

店主 延田 然圭さん

「ランチはルーロー飯の1本勝負! テイクアウトもできます」

焼貝 あこやの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-4-4 [TEL]03-6451-2467 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、18時~24時(23時LO)※ランチは平日のみ ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分


電話番号 03-6451-2467

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2020年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
台湾出身のご夫婦で営む台湾料理店。お母さんが丁寧に作る料理は、なにより食べる人の健康を一番に考えているという。
台湾では、朝ごはんを外食したりテイクアウトするのが一般的。そして、そんな台湾の朝食を食べられるお店が、東京で増えているんです。人気の3軒をご紹介します!
東京でも台湾のようにゆったり朝ごはんが食べられる。そんな至福が台湾好きに噂を呼び、今では開店前は並ぶほどの人気店に。
店主は中国の茶藝師と評茶員の資格を持つ松田良子さん。台湾まで買い付けに行くという茶葉は、大陸のお茶と台湾茶がおよそ半々。
大塚在住ライター・菜々山いく子が往くソロめしは、ただのご近所めしにあらず。ネパール、タイ、バングラデシュ、台湾、そのディープすぎる異国情緒に注目です。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル