MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「じゃばら」それは“幻の果実” 東京で飲んだジュースの味

「じゃばら」それは“幻の果実” 東京で飲んだジュースの味

“幻の果実”と称される和歌山県の特産品「じゃばら」。県のアンテナショップの新商品の中に、この「じゃばら」のジュースがありました。果実の名前は知っていましたが、果汁を味わった記憶がありません。そもそも「じゃばら」とは……。

perm_media 《画像ギャラリー》「じゃばら」それは“幻の果実” 東京で飲んだジュースの味 の画像をチェック! navigate_next

ジュースだけじゃない、ストレート果汁に、粉末、ドライフルーツも

新商品として店頭に置かれた「北山村のじゃばらウォーター」

東京・有楽町の東京交通会館地下1階にある「わかやま紀州館」は、県のアンテナショップです。物産店と観光案内所があり、物産店には梅干しや地酒、梅酒、醤油や金山寺味噌をはじめ、多くの山の幸、海の幸が並んでいます。

そんな数々の特産品の中に、2021年2月の新商品として「北山村のじゃばらウォーター」が紹介されていました。じゃばらの名前は知っています。どこかのタイミングで、その味に触れたことがあったかもしれません。ただ、記憶がありません。いい機会です。「飲んでみよう」と、足を運んだのでした。

お目当ての商品は、店頭にありました。手に取って、店内に入ると、じゃばらの商品はこれだけではありませんでした。奥の棚に、いろいろと並んでいます。ストレート果汁に、粉末、サプリ、ドライフルーツ……。

「果実そのものは売ってないのでしょうか」と店員さんに尋ねると、昨年12月に入荷して、年が明けた1月には売り切れてしまったとのことでした。

棚には、いろんな「じゃばら」の商品が並んでいます

日本唯一の飛び地「北山村」で見つかった柑橘類

和歌山県のホームページ(HP)によると、収穫期間は11月から12月。そもそも生鮮品であるため、2月下旬では手に入れるのは難しいわけです。そして、原産が「北山村」とありました。購入したジュースの名称にも、同じ村の名前が入っています。

北山村は紀伊半島の中央部に位置し、面積約48平方kmのうち97%を山林が占めるという“秘境”です。人口はわずか434人(令和元年度)。何よりもユニークな特徴があります。和歌山県の自治体でありながら、隣接するのは三重県と奈良県ということ。全国で唯一の「飛び地の村」なのです。

ユニークといえば、まさに「じゃばら」がそうです。もともと、1人の村民の敷地に1本だけ自生しており、その後の調査で国内外のどこにもない新しい品種ということがわかったのです。昭和47年のことでした。その後、栽培が進み、今では8000本が植栽されています。果汁から多様な商品が生み出され、今や村の一大産業です。

はちみつのほのかな甘さが効いたさわやかな酸味「北山村のじゃばらウォーター」

「北山村のじゃばらウォーター」(510ml、216円税込み)

日本唯一の飛び地の村の名を冠した「北山村のじゃばらウォーター」を冷やして飲んでみました。ハチミツのほんのりとした甘さに、さわやかな酸味が印象的です。果汁は5%とということですが、ちょうどいい酸っぱさ。バランスが取れていて、ごくごく飲めます。

北山村運営の事業を継承し、地元で令和2年4月からスタートした「株式会社じゃばらいず北山」の商品です。

酸味、ほろ苦さ……鮮烈な100%ストレート「シトラスじゃばら果汁」

「シトラスじゃばら果汁」(200ml、1058円税込み)

「わかやま紀州館」で商品棚を眺めていて、店員さんが「今年度採れたじゃばらで作ったんです」と教えてくれたのが、「シトラスじゃばら果汁」です。

まずはそのままストレートで。パンチの効いた酸味です。果実特有のほろ苦さも感じます。酸っぱいことは酸っぱいのですが、ほのかな甘みも。これはこれで、ちびちび飲めます。クセになる酸っぱさです

棚の説明文には、「摂取量の目安が1日10ml」とあったので、自宅にあったオリゴ糖を小さじ1杯多めに入れ、水を足して10倍の計100mlにして試してみました。うん、いけます。

購入時に手渡されたチラシに書かれた飲み方には、冷水コップ1杯約200ml、シトラスじゃばら果汁大さじ3杯、ハチミツ大さじ1杯とありましたので、もっと薄めてもよかったのかもしれません。

「シトラスじゃばら果汁」は令和2年2月28日、和歌山県の優良県産品を推奨する制度(プレミア和歌山)で審査委員奨励賞を受賞しました。県が自信をもってオススメするこの「プレミア和歌山」の認定品です。

その酸っぱさは「邪気を払う」

「『邪気を払う』ほどに酸っぱいことから名付けられた」。和歌山県のHPでは、こう説明されています。また、前述のチラシによると、学名は「シトルスジャバラ」というのだそうです。花粉症のアレルギーを抑えるとされる成分「ナリルチン」が含まれていることも報告されています。

北山村では、正月に欠かせない縁起物でした。コロナで閉塞感が漂うこんな時期だからこそ、「じゃばら」の持つ力にあやかりたい。そんな気持ちになりました。

「わかやま紀州館」の店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階
[電話] 03-6269-9434
[営業時間]物産コーナー10時~19時(日・祝18時まで)。※営業時間は異なる場合があります
[休日]年末年始
[交通]地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅C9出口から徒歩3分、地下鉄有楽町線銀座一丁目駅2番出口から徒歩1分、地下鉄有楽町線有楽町駅D8出口から徒歩1分、JR山手線有楽町駅中央口から徒歩1分

撮影・文/堀晃和

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
どうです、この鮮やかさ! 予約の取れないマグロ料理専門店のチラシ弁当は、容器の竹かごまで美しい。
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。
国内ナンバーワンシェアを誇るデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザが、ご飯とピザをひと皿で味わえる「ピザライスボウル」シリーズの第2弾を発売しました。9月から新に加わったテイストは、「北海道3(スリー)チーズ」と「明太マヨモチ」の2種類。「洋」でありながら「和」を一層意識させるメニューは、さらに日本人の心と胃袋をがっちりつかめるのか、そのお味は?
平日でも途切れることなく、チーズを買い求めるお客さんが訪れる店。オーナーの森節子さんが、一般の会社員からチーズ好きが高じ専門会社に転職、神楽坂に店をオープンさせたのは2000年のこと。
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル