MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆

天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆

新宿の老舗にもありました! 思わず拝みたくなるジャンボな名物が。

perm_media 《画像ギャラリー》天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

天ぷら 船橋屋 新宿本店(最寄駅:新宿駅)

名店で見つけたジャンボかき揚げは食感サクサクの芸術品

直径およそ20cm弱、高さ7cmはあろうか。具は小エビ、イカ、貝柱、三つ葉と王道中の王道。とはいえこれだけ大きいと衣がもったりしそうだが、極上のゴマ油を使ってベテラン職人が揚げるとなれば心配無用。タネに“油の通り道”と呼ばれる空洞を作りながら火を通すことで中までサクサクふっくらに仕上がるんだそう。

天つゆのほか藻塩やハーブソルトなど味変もできるから最後まで飽きずに楽しめる。何とひとりで2個食べたツワモノもいるらしい(驚!) が、現実的には数人でシェアするのがオススメだ。

天ぷらの技術や旨さは当然のこと、おもてなしもさすがは名店。長年愛されるのも納得です。

ジャンボかき揚(小海老、貝柱、いか、三つ葉ミックス)
3570円

しっかり厚みのあるかき揚げは4人前ほどのボリューム。斜めにした鍋の浅めにタネを入れ、深めへと縁を利用して移動させながら巧みに揚げる。油は江戸時代からの製法「玉締め搾り」のゴマ油を使う。「たくさん食べても胃にもたれない」とお客さんから評判もいいとか

「花」(天ぷら7品、ごはん、みそ汁、香物付き)
2700円

エビやキスなど天ぷらはゴマ油の芳しい香りが上品。カウンター席ならひとつずつ揚げて提供してくれる。店は明治初期に焼き芋屋として創業し、後に天ぷら専門店になった

お店からの一言

社長 青木隆典さん、料理長 髙橋功さん

「親子3代にわたって通ってくださる常連のお客様も多くいらっしゃいます」

天ぷら 船橋屋 新宿本店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-28-14 [TEL]03-3354-2751 [営業時間]11時40分~21時50分(21時半LO、ランチサービスは平日15時まで)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全100席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅A5出口から徒歩1分、JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩2分


電話番号 03-3354-2751 

撮影/小島 昇 取材/肥田木奈々

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
年1回やっと行ける高級店もいいけれど、気軽に通える旨い定食屋を知っていると日常が豊かになる。そんな頼もしき店を下北沢で発見した。
昔ながらの肉屋さんや惣菜屋さんをはじめ、最近はテイクアウトできる店も続々登場。散歩の途中で楽しみたいフライの逸品をご紹介!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
創業は明治35年(1902)。エビ天、キス天、ナス天と、小柱・イカなどのかき揚げはとにかく真っ黒な見た目で、浅草で食べる天丼の王道スタイル。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル