MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆

天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆

新宿の老舗にもありました! 思わず拝みたくなるジャンボな名物が。

perm_media 《画像ギャラリー》天ぷら 船橋屋 新宿本店(天ぷら・揚げ物/新宿)胃もたれしない特製かき揚げが名物☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

天ぷら 船橋屋 新宿本店(最寄駅:新宿駅)

名店で見つけたジャンボかき揚げは食感サクサクの芸術品

直径およそ20cm弱、高さ7cmはあろうか。具は小エビ、イカ、貝柱、三つ葉と王道中の王道。とはいえこれだけ大きいと衣がもったりしそうだが、極上のゴマ油を使ってベテラン職人が揚げるとなれば心配無用。タネに“油の通り道”と呼ばれる空洞を作りながら火を通すことで中までサクサクふっくらに仕上がるんだそう。

天つゆのほか藻塩やハーブソルトなど味変もできるから最後まで飽きずに楽しめる。何とひとりで2個食べたツワモノもいるらしい(驚!) が、現実的には数人でシェアするのがオススメだ。

天ぷらの技術や旨さは当然のこと、おもてなしもさすがは名店。長年愛されるのも納得です。

ジャンボかき揚(小海老、貝柱、いか、三つ葉ミックス)
3570円

しっかり厚みのあるかき揚げは4人前ほどのボリューム。斜めにした鍋の浅めにタネを入れ、深めへと縁を利用して移動させながら巧みに揚げる。油は江戸時代からの製法「玉締め搾り」のゴマ油を使う。「たくさん食べても胃にもたれない」とお客さんから評判もいいとか

「花」(天ぷら7品、ごはん、みそ汁、香物付き)
2700円

エビやキスなど天ぷらはゴマ油の芳しい香りが上品。カウンター席ならひとつずつ揚げて提供してくれる。店は明治初期に焼き芋屋として創業し、後に天ぷら専門店になった

お店からの一言

社長 青木隆典さん、料理長 髙橋功さん

「親子3代にわたって通ってくださる常連のお客様も多くいらっしゃいます」

天ぷら 船橋屋 新宿本店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-28-14 [TEL]03-3354-2751 [営業時間]11時40分~21時50分(21時半LO、ランチサービスは平日15時まで)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全100席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅A5出口から徒歩1分、JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩2分


電話番号 03-3354-2751 

撮影/小島 昇 取材/肥田木奈々

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル