MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店|鶏とライス、ソースの三位一体に感動(シンガポール料理/銀座)

威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店|鶏とライス、ソースの三位一体に感動(シンガポール料理/銀座)

シンガポールの名店の日本上陸2号店。名物は鶏肉と鶏スープで炊いたライスを3種類のソースと食すハイナンチキンライス。王道は「スチームチキンライス」だが、皮がパリッと香ばしい「ローストチキンライス」も抜群の旨さ。威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)[交]銀座駅A2徒歩2分 ※ランチタイム有

威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店(最寄駅:銀座駅)

 シンガポールの名店の日本上陸2号店。名物は鶏肉と鶏スープで炊いたライスを3種類のソースと食すハイナンチキンライス。王道は「スチームチキンライス」だが、皮がパリッと香ばしい「ローストチキンライス」も抜群の旨さ。まずは何もつけずにライスを食べて香りと味を楽しみたい。ついで小皿にチリとジンジャーソースを入れ混ぜ合わせてチキンをつけ、ダークソイソースを少量たらしたライスと一緒に食べるのがおすすめだ。丸鶏を使用しているため、どの部位が出てくるかはそのときのお楽しみ。

ローストチキンライス
1100円※平日ランチ限定(ディナーは1300円)

鶏はしっとりした肉質の大山鶏を使用。現地の味に近いものを選んだのだそう。ランチ価格は平日限定。セットにスープが付くほか、ライスの大盛りが無料

ベジタブルカリー(香り米付)
1000円※平日ランチ限定(ディナーはカレーのみ1500円)

クミンやターメリックなど約5種類のスパイスにナムプラーやココナッツクリームが入る爽快な辛さのカレーだ

威南記海南鶏飯銀座EXITMELSA店

[住所]東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA7階 [電話番号]03-3575-5150 [営業時間]平日:11時~14時半LO、17時~23時(21時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~23時(21時半LO) [休日]無休 [座席]テーブル2席×8卓、4席×6卓、6席×2卓、8席×1卓 計60席/全席禁煙/昼はコースのみ予約可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩2分

電話番号 03-3575-5150
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)はシンガポール政府御用達としても名高い店。チキンスープで炊いたご飯と、しっとりゆで上げた鶏肉からなる「スチームチキンライス」は現地でも随一の味と評判。 ※ランチタイム有
シンガポール ホリック ラクサは2015年10月31日オープンのラクサ専門店。※ランチタイム有 [交]明治神宮前駅3番出口から徒歩1分、原宿駅表参道口から徒歩2分
13年前、シンガポールで食べたチキンライスの旨さに衝撃を受けたという店主の松本さん。以来、研究に研究を重ねて作り上げたのが、このチキンライスだ。今も年数回、現地に赴き味を研究している。松記鶏飯 (SONG KEE JEE FAN)[交]丸の内線淡路町駅A4出口、都営新宿線小川町駅B6出口から徒歩3分 ※ランチタイム有
「CLARK JACK PARLOR」はシンガポールで2年半滞在したオーナーが、当時一緒に働いていた料理人と2016年1月に開店した。現地のシェフと一緒に食べ、教えてもらった本格シンガポール料理がいただける。店の看板メニューは「ハイナンチキンライス」[交]三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩5分 ※ランチタイム有
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt