SNSで最新情報をチェック

銀座の奥にあり、銀座のハナレとも言える東銀座エリア。高級店、老舗といった美食店が並ぶ銀座とは違い、ハナレはコスパよく、カジュアルに、しかしここも銀座なのだと納得させる美食店が存在します。今回は散策も楽しい東銀座の和食店を徹底リサーチしてきました!

『ひとしお(一入)』

原始焼きの魚の旨さとひと工夫した旬の酒肴

どこか懐かしい木枠の窓から温かい灯りが漏れている。真っ新な暖簾は開業まもない店の清々とした姿勢を表すよう。

中央の炉端焼きスペースはさながら舞台。串焼きの魚が備長炭の周囲に並び、これから始まる美味の演目への期待を高めてくれる。

昼は上質な炭火焼きの定食を、夜はもちろん一献だ。ホッケか鮭か。赤々と熾した炭との距離を調整し、じっくり火入れする様子を眺めながら「あれは自分の魚かなぁ」と待つ時間も楽しい。

選んだのは鰆西京焼き。自家製味噌に2日漬けたもので、芳醇な味とほっくりした身に垂涎

炭焼き鯖定食 1100円

『ひとしお(一入)』(手前)刺身本日の盛り合わせ(1人前) 1650円 (奥)原始焼き鰆西京焼き 1600円 この日の刺身は珍しいニシンなど。鰆は肉厚。春先まで提供

目に舌にうれしいのはそれだけじゃない。ポテサラを頼めば頂上に雲仙ハム。刺盛りには穴子の握りがさりげなく。旬の桜エビとアスパラの土鍋ご飯は桃色に映える新緑が眩しい。小さな驚きの連続に、喜びもひとしおです。

『ひとしお(一入)』

[住所]東京都中央区銀座6-16-11 荏原実業第3ビル1階
[電話]03-6681-7145
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時LO)※土は夜のみ
[休日]日・祝
[交通]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅4番出口などから徒歩3分

『銀座 なか路』

店主の心意気と上質な素材の旨さを感じるお得なランチ

ほぼ毎朝、特に仕入れの用がない日も豊洲に足を運ぶという。なぜなら「面白いモノに出合えるから」。店主の中路さんがニマッと笑う。いつもの仲卸をひと回りし、他で気になるものを見つけたら拾い買い。

取材日は「石川の赤ナマコがあったので」とおつまみの小鉢にちょいと。それもこれもお客さんに満足してほしいからだそう。

定番の羽釜ご飯だって鮭にイクラにウニと大盤振る舞い、広がる旨みに喝采だ。米は福井の特別栽培米。その品質に惚れ込み、わざわざ地元の生産者に仕入れを交渉したとか。

本日のお好み定食 1500円

『銀座 なか路』本日のお好み定食 1500円 ※その日の料理2種選択、写真は刺身・若鶏の唐揚げ~香味ソース~ この日の刺身は桜ブリやヒラメなど。唐揚げはネギの香るソースが食欲をそそる

ランチはご覧のお値打ち。刺身や揚げ物など数種からおかず2種を選べる(有料で単品追加も可)お好み定食の充実ぶりといったら。天然物の大海老フライだって「これをランチで出してるの?」と仲卸もビックリ。完食すれば心も腹も満ちてくる。

『銀座 なか路』

[住所]東京都中央区銀座3-14-5 銀座Jビル2・3階
[電話]03-6278-7113
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~22時半(21時半LO)
[休日]日・祝
[交通]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分

『銀座もちふじ』

つきたての餅のおいしさを自分仕立てのお雑煮で味わう

漆黒のお椀にまんまるお月様のような餅が浮かぶ。なめらかに伸びる柔らかさはつきたての賜物、それも3時間以内!

0.01mmの薄削りにした本枯節を使うダシを基本に、鶏ダシや白味噌など味のベースが選べ、具も旬の野菜、魚、肉から好きなものを自由にカスタマイズ。全国津々浦々、家庭の数だけお雑煮の味はあるというけれど、あなた好みはどんな仕立て?そんな珍しい専門店が誕生した。

白味噌のお雑煮 1155円

『銀座もちふじ』白味噌のお雑煮 1155円 餅は打ち粉を使わないので餅米の風味がより感じられる。白味噌味はまろやかでやさしい味わい。カスタマイズできる旬の具材は常時約20種。餅の個数も選べる

手掛けるのは寿司屋『銀座くろ寿』店主の黒須さんだ。もともと餅が好きだったこともあり、日本の伝統料理、お雑煮に着目した。

1日数回仕込む餅はつきたてそのまま、焼き、揚げと選べるのも特長だ。故郷の懐かしい味を再現するもよし、別の地域に挑戦もよし。迷っても大丈夫、定番も用意されている。夜はつくね鍋など酒と楽しめる料理も!

『銀座もちふじ』

[住所]東京都中央区銀座3-11-16 VORT銀座イースト地下1階
[電話]050-1720-0957
[営業時間]9時~22時(変更あり)
[休日]無休
[交通]都営浅草線ほか東銀座駅A7出口などからすぐ

『離亭 三ぶん』

趣向を凝らした旬の粋な旨さを本物の器と酒と共に楽しむ幸せ

誰を連れて行っても間違いない名店ならここ。日比谷「立ち呑み三ぶん」の離れ、こちらは着席式である。

格子戸を開ければ目に飛び込むシブい白木のカウンター、隅で寅さんが一杯やってても不思議じゃない昭和の風情だ。粋な女将さんと料理長らが迎えてくれる。

最初にお粥、きび酢、ウコン錠が出るのは酒飲みへの配慮から。さて、準備万端だ。

筍と真鯛のバター焼き 2200円

『離亭 三ぶん』筍と真鯛のバター焼き 2200円 サンチョビで味付けた乙な味

創作割烹料理は定番カニサラダからアンチョビならぬサンマで作るサンチョビを使う旬の「筍と真鯛のバター焼き」までひと捻りした旨さ。それらを人間国宝や骨董の器などで何気なく供するのだから、いくら飲んでも酔えなかったりして(笑)。

昼は大分の郷土料理「りゅうきゅう」の丼御膳1本。ヅケにした白身と赤身に薬味をたっぷり乗せた丼で、終盤はダシをかけてお茶漬けに。昼も夜も通いたくなる。

『離亭 三ぶん』

[住所]東京都中央区銀座3-11-7 石川ビル1階
[電話]090-3202-5744
[営業時間]11時半~13時半LO、17時~23時 ※土・日・祝14時~23時
[休日]無休
[交通]都営浅草線ほか東銀座駅A7出口などから徒歩1分

次のページ
昼は高コスパ、夜はカジュアルに美味満喫...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…