MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お家で楽しむきゅうりのキューちゃん ~素晴らしいロングセラーを作る~

お家で楽しむきゅうりのキューちゃん ~素晴らしいロングセラーを作る~

誰もが知っているロングセラーと聞いて、みなさんは何が思い浮かぶでしょうか。そんな愛すべき商品を料理家・奥田ここさんがお家で再現するという企画。今回挑むのは、東海漬物の「きゅうりのキューちゃん」。爽快な仕上がりかつ、アレンジもきくものに仕上がっています。

perm_media 《画像ギャラリー》お家で楽しむきゅうりのキューちゃん ~素晴らしいロングセラーを作る~の画像をチェック! navigate_next

青い風味と食感が小気味良い、食卓の強い味方「きゅうり」

そのままで、漬けもので、熱を入れて焼きもので、はたまた切って、叩いて、刻んで、おろして、と変幻自在に温かい料理、冷たい料理ともにさまざまな食べ方を楽しめるきゅうり。中でも「漬けもの」のきゅうりは、ご飯のお供やお酒の肴として大変重宝するサイドディッシュのひとつです。

浅漬けやぬか漬けのほか、醤油風味がきゅうりの爽快さをぐっと引き立てる、誰もが知っている漬けものロングセラー「きゅうりのキューちゃん」は、不朽の名作といってよいかもしれません。

そこでお家ごはんのおともに、手前味噌ならぬ、手前きゅうりのキューちゃんを作ります
本家には及ばずとも、香味野菜の生姜や大葉をきかせた爽快なきゅうりの漬けもの、日々の食卓を盛り上げてくれること間違いなし。ぜひトライしてみてください。

きゅうりのキューちゃん風漬けものの作り方

きゅうりのキューちゃん風漬けもの

◆材料(作りやすい分量)

きゅうり…500g
生姜…50g
塩…小さじ1
大葉…10枚
白ゴマ…大さじ1
醤油…150cc
みりん…40cc
砂糖…小さじ1
米酢…40cc

材料

◆作り方
1.きゅうりを洗い、厚さ7~8mm目安に切る。

きゅうりをカット

2.生姜を洗い、皮をむき、千切りにする。

生姜は千切りに

3.大葉を洗い、千切りにし、さっと流水に通す。

大葉も千切りに

4.ボウルに(1)のきゅうりと(2)の生姜、塩小さじ1を入れ、きゅうりと生姜に塩をまぶし20分ほどおいたのち(もまない)、絞っておく。

ボウルに入れたきゅうりと生姜

きゅうりと生姜を和えた状態

5.鍋に、醤油150cc、みりん40cc、砂糖小さじ1、米酢40ccを入れて混ぜ、砂糖を粗々溶かしたのち、鍋を強火にかけ、沸いたら、(4)のきゅうりと生姜を入れる。きゅうりと生姜にまんべんなく汁を行きわたらせ、再び沸いたら火を消し、しばらく放置する。

醤油・みりん、砂糖、米酢を入れ、砂糖を粗方溶かす

きゅうりと生姜を投入

6.粗熱が取れたら、(3)の大葉と白ゴマも入れ混ぜ、2~3時間置いたのち、汁気を切って、きれいな容器に移したら出来上がり。

鍋にすべて入れた状態

7.汁気を切って、きれいな容器に移したら出来上がり

ポリポリポリポリ止まらない

約95%は水分といわれるきゅうりですが、その青い風味の果汁にほんのり熱が加わることで、生食とは違った景色の風味になるのがきゅうりの魅力だと思います。

今回はその魅力を引き出すべく、浅漬けやぬか漬けとは異なり、漬け汁の温かみの力も借りて、味を仕上げていく漬けものです。温かい汁にきゅうりを入れて大丈夫? と思われるかもしれませんが、加熱し過ぎないよう沸いたら火を消し、予熱を使うことできゅうりの食感も損なわないよう美味しく仕上げます。

小気味良い食感をキープしつつ、味もしっかり入ったきゅうりのポリポリとしたテクスチャーとサウンドは、漬けものの醍醐味です。

ご飯との相性はテッパンですが、ついつい食べすぎるという反面も……。私は漬けたきゅうりを海苔で巻いて食べるのも大好きです。ぜひお試しください。

なお、本家「きゅうりのキューちゃん」は、お家で楽しむキューちゃんへのさらなる一歩になりそうな情報満載の、キューちゃんへの扉とした「Q's CAFE」というサイトで、製造工程をはじめ様々なキューちゃん情報を発信されています。
http://www.kyuchan.co.jp/kyuchan/index.html

余ったときの対処法

旨みと酸味をバランスよく併せ持つ今回の漬けものは、温菜・冷菜ともにアレンジにも大活躍です。

刻んでおにぎりにして冷凍しておくととっても便利! その他、あまじょっぱい味をアクセントにタルタルソースに使ったり、刻んでチャーハンに投入するのもおすすめです。

みなさまの食卓の仲良しさんになれますように。

取材・撮影/奥田ここ

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
奥田ここ

国内外各地の市場を「師」とあおぎ、旬の食材を中心にした和食及びイタリア家庭料理の料理教室を主宰。外国の方の参加や元築地市場や現在の豊洲市場で料理教室も開催、様々な場所とスタイルで開催するほか、各種媒体・広告へのレシピ提供や、食材産地の取材および食に関する話題の企画・執筆に加え、個別の要望に応じた出張料理や料理提案など、国内外問わず活動中。素材の味を大切にし、無駄なく使い切る献立作りを心掛けている。 https://www.instagram.com/kokookuda/

関連記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
9月20日は秋のお彼岸の入りです。お彼岸といえばお供え物やお土産におはぎを連想する方が多いと思います。粒あん、こしあん、きなこなど、色々なタイプがありますが、皆さんはどのようなおはぎがお好みでしょうか。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル