MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
十火JUKKA|優しい味とエアリーなお米の食感に驚き!(手土産/銀座)

十火JUKKA|優しい味とエアリーなお米の食感に驚き!(手土産/銀座)

おとなの週末 2016年5月号特集「銀座の手土産厳選15品」の中の1品。紅白のおめでたい見た目とコロンとした可愛らしいフォルムが目を引く秀逸品は、和三盆の優しくて素朴な甘さ、フリーズドライにしたイチゴの甘みと酸味が口いっぱいに広がる。十火 銀座三越店 (ジュッカ)[交]銀座駅 銀座三越

十火JUKKA(最寄駅:銀座駅)

紅白のおめでたい見た目とコロンとした可愛らしいフォルムが目を引く秀逸品は、和三盆の優しくて素朴な甘さ、フリーズドライにしたイチゴの甘みと酸味が口いっぱいに広がる。その味わいは、女性や子ども、目上の親戚など、幅広く高評価を得られるはず。丁寧に煎り焼きすることで、独特のふんわりとした口溶けを実現。店頭にはこのほかに、季節限定品なども並ぶ。

丸maro(和三盆・苺)16個入り
648円

十火JUKKA

銀座三越/東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越B2 ☎03-3562-1111(大代表) [営]10時半〜20時 [休]年始、不定休

2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
茨城県の東南端、神栖市波崎は鹿島灘を臨み、昔から水産加工品製造が盛んなエリアだ。そこで明治15年創業の老舗、『鴨安商店』が作る伝統の味「いわし桜干」もまた、最高金賞受賞の見逃せない逸品だ。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
フレンチレストラン「オギノ」が手掛けるデリカテッセン。フランスの伝統的な味わいに荻野シェフ流のアレンジを加え、無添加で仕上げるパテやテリーヌは常時約7種。
茨城県は日本一の和栗の産地で、さらに鶏卵の生産量も日本一と知ってただろうか? そんな素材の魅力を最大限に引き出して、最高金賞に輝いているのが「和栗ぷりん」。
昭和初期からの看板メニュー「カリーライス」。その秘伝のカレー粉にスパイスなどを合わせて焼き上げた生地に挟むのはチーズクリーム。
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt