MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ブルーモルフォ|バーなのにおすすめはパン⁉(バー/銀座)

ブルーモルフォ|バーなのにおすすめはパン⁉(バー/銀座)

「パンのおいしいBAR」だけでも「⁉」 なのに、さらに「人生のヒントあります」と書かれた看板に、思わず二度見。ブルーモルフォ (BLUE MORPHO) [交]新橋駅 徒歩4分、銀座駅 徒歩5分、有楽町駅 徒歩6分

ブルーモルフォ(最寄駅:銀座駅)

「パンのおいしいBAR」だけでも「⁉」 なのに、さらに「人生のヒントあります」と書かれた看板に、思わず二度見。入口の扉には「ええ、速水さん! ここがブルーモルフォよ」というどこかで聞いたことがあるようなセリフが。大丈夫だろうか、このバー?と不安になったが、人のよさそうなマスターが出迎えてくれてホッとする。自家製パンが焼けるまで、人生相談とタロット占いをしてもらえば、なんだかいろいろスッキリ! 人生経験が豊富でユニークなマスターの話に耳を傾けながら、楽しい夜を過ごしてもいいかもしれない。

紅天女
1300円

桜リキュールの「紅天女」と薬草酒を使った「おくすり」。マスターは昼は俳優業をされていて、役者仲間も集う

おくすり
1300円

パン

60年代のパリの有名なバーがパンを出していたのを知り、パン教室に通って覚えたそう。
ピンク色のバラのパンは絶品(900円)。チャージ1000円

ブルーモルフォ

東京都中央区銀座7-5-12 ニュー銀座ビル8号館3階 ☎03-3573-7707 [営]18時~翌2時(土・日・祝~23時) [休]無休(不定休あり) [交]JR山手線、東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩4分、東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅 徒歩5分、JR山手線・東京メトロ有楽町線 有楽町駅 徒歩6分

電話番号 03-3573-7707
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
2020年は、すべての人が「仕事」「お金」「人間関係」などを通じて、自分の人生と真剣に向き合う1年となったに違いない。 12月はそんな1年を司ってきた七赤金星が支配するので、2020年を振り返る総決算の月として、特に自分にとっての「人生の悦び」と、もう一度向き合いたい。やり残したことはないか? あるならそれをきちんとやりきる1ヵ月にしよう!
おせちのお取り寄せ情報をまとめました!伝統的な和風のお重のほかにも、洋風や海鮮などバラエティに富んだおせちを、グルメ雑誌「おとなの週末」が厳選!老舗料亭・高級ホテル監修など、こだわりの食材を使った納得の味わいのものが揃っています。
58views お取り寄せ
蕎麦を手繰るおじいちゃんの隣には、ケーキを楽しむ女性ひとり客。ここは蕎麦屋か喫茶店か。
フレンチのシェフを経て、海外の大使館でさまざまな料理を作っていた古川孝明さんが2018年4月にオープン。その腕を生かした高コスパのランチが日替わりで4~5種揃う。
商店街が有名な大山の駅から少し離れた住宅街。でも、わざわざ足を運ぶ人の気持ちはよくわかる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル