MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)

月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)

大正6年創業の『月光荘画材店』(P50)が経営する、緑がいっぱいの屋上カフェ。『月光荘』という名は与謝野晶子が命名。クレオール料理とチキンガンボが店の名物。夜はライブもあるバーに。月光荘 月のはなれ[交]銀座駅から徒歩8分、新橋駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)の画像をチェック! navigate_next

月光荘 月のはなれ(最寄駅:新橋駅)

大正6年創業の『月光荘画材店』が経営する、緑がいっぱいの屋上カフェ。『月光荘』という名は与謝野晶子が命名。クレオール料理とチキンガンボが店の名物。夜はライブもあるバーに

ほろ酔いセット
700円

ドリンクと本日のおつまみがセットになったお得な「ほろ酔いセット」

お絵描きセット
500円

スケッチブックは持ち帰りできる

月光荘 月のはなれ

■『月光荘 月のはなれ』
[住所]東京都中央区銀座8-7-18 月光荘ビル5階
[TEL]03-6228-5189
[営業時間]14時~23時LO、土曜日:12時半~、日曜日と祝日:貸切のみ
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]銀座駅から徒歩8分

電話番号 03-6228-5189
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
幸せを分かち合う “お福分けのこころ”というコンセプトを通し、全国から吟味された茶葉を使ったお茶ドリンクが楽しめる。抹茶は、鹿児島や京都・宇治以外にも名産地があることを伝えたいと、福岡の八女茶が選ばれた。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1027views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル