MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)

月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)

大正6年創業の『月光荘画材店』(P50)が経営する、緑がいっぱいの屋上カフェ。『月光荘』という名は与謝野晶子が命名。クレオール料理とチキンガンボが店の名物。夜はライブもあるバーに。月光荘 月のはなれ[交]銀座駅から徒歩8分、新橋駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》月光荘 月のはなれ|青空のもと、絵も描けるカフェ&バー(カフェ/銀座)の画像をチェック! navigate_next

月光荘 月のはなれ(最寄駅:新橋駅)

大正6年創業の『月光荘画材店』が経営する、緑がいっぱいの屋上カフェ。『月光荘』という名は与謝野晶子が命名。クレオール料理とチキンガンボが店の名物。夜はライブもあるバーに

ほろ酔いセット
700円

ドリンクと本日のおつまみがセットになったお得な「ほろ酔いセット」

お絵描きセット
500円

スケッチブックは持ち帰りできる

月光荘 月のはなれ

■『月光荘 月のはなれ』
[住所]東京都中央区銀座8-7-18 月光荘ビル5階
[TEL]03-6228-5189
[営業時間]14時~23時LO、土曜日:12時半~、日曜日と祝日:貸切のみ
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]銀座駅から徒歩8分

電話番号 03-6228-5189
2016年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル