MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
DA OLMO|抜群のセンスが光るパスタ2種盛りの楽しさを存分に堪能して(パスタ/神谷町)

DA OLMO|抜群のセンスが光るパスタ2種盛りの楽しさを存分に堪能して(パスタ/神谷町)

ランチのパスタと言えども、2種盛りで違う味を堪能したいという欲張りな人はぜひ「ダ オルモ」を訪れてほしい。季節によってアナグマなど珍しい食材が登場することもあるので、昼夜ともに注目したい1軒だ。[交]地下鉄日比谷線神谷町駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

DA OLMO(最寄駅:神谷町駅)

週替わりの2種類は、魚や肉の素材違いで変化を付けたり、トマトベースやオイル系などソースの種類で味を変えたり。季節感あふれる食材のチョイスも抜群で、調理のセンスの良さに根強いファンがいるのも納得だ。サラダ、パン、カフェ付きの基本セットに、プラス料金でデザートや前菜を追加して自分好みのコース仕立てにするのもいいかもしれない。 
夜はシェフの北村さんが修業した北イタリアの郷土料理を基本に、選び抜いた国産の野菜や肉を使ったメニューが並ぶ。

ランチ
1620円

写真のパスタは瞬間燻製にした鰆を使った「フェデリーニ 鮮魚の燻製と蕪の花芽」(手前右)と牛肉と馬肉の煮込みをソースにした「カヴァタッピ 牛肉、馬肉と人参の煮込み」。サラダ、自家製パン、コーヒー付き

発芽玄米とパルミジャーノのリゾット
1620円

鶏のダシで炊いた玄米にパルミジャーノチーズが芳醇な香り

DA OLMO

東京都港区虎ノ門5-3-9 ゼルコーバ5-101 ☎03-6432-4073 [営]11時半~14時LO、18時~23時、月・土はランチ営業なし [休]日・祝 [席]カウンター4席、テーブル20席、計24席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/夜のみ席料540円別 [交]地下鉄日比谷線神谷町駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6432-4073
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt