MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
三笠バル ILCOVO(イタリアン/新橋)|全体の一体感を重視したバランスのいい味わいのパスタ

三笠バル ILCOVO(イタリアン/新橋)|全体の一体感を重視したバランスのいい味わいのパスタ

新橋で人気のイタリアンバル「三笠バル」が2015年1月に2号店を出店。名物の「トリッパ食べ放題」をはじめ、食材を吟味した安くて美味しい料理の数々はこちらでも健在だ。

MIKASA BAL ILCOVO|三笠バル イルコーボ(最寄駅:新橋駅)

店を仕切る仲田シェフがパスタ作りで大事にするのは「口に入れた時の一体感」。それは何かの食材や味が突出して主張するのではなく、あくまでもバランスの良さを重視するということ。常時6種類のパスタは、高級で豪華な食材に頼ることは特にないが、素朴で馴染み深い味から、イタリア産熟成サラミを調味料とした本場の味まで、ホッと親しめるものばかりなのだ。

ンドゥイヤのアラビアータ マッロレドゥース
1180円(税別)

カラブリア州特産の熟成サラミ「ンドゥイヤ」を調味料として使う。ただ辛いだけじゃなく、コクのあるスパイシーな風味。パスタの種類はニョッキのような形の「マッロレドゥース」

ツナと木の子のスパゲッティ
780円(税別)

椎茸やしめじなど数種類のキノコとツナの旨みがバランスのいいパスタ。味付けはまろやかな岩塩のみだが、オリーブオイルとパスタの茹で汁を絶妙に乳化させることで、複雑な旨みに仕上げている

お通しの食べ放題トリッパ
500円(税別)

お通し500円で食べ放題のトリッパ。牛の第二胃袋(ハチノス)と白インゲン豆を香味野菜と一緒に煮込む。毎日5㎏を仕込むという。平日17時~18時半までは1000円で飲み放題も

MIKASA BAL ILCOVO

東京都港区新橋3-13-10 平田ビル3・4階 ☎03-6452-9940 17時~23時(22時 LO) 日・祝 [席]3階カウンター12席、テーブル26席、4階テラス席約30席、計68席/分煙(テラス席は喫煙可)/予約可/カード可/お通し(トリッパ食べ放題)500円別 [交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

電話番号 03-6452-9940
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
魚介専門イタリアンならでは、そして大阪だからこそのダイナミックで豪快な旨みマシマシなペスカトーレ!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt