MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大森駅の唸るラーメン!「麦苗」の「特製醤油らあめん」

大森駅の唸るラーメン!「麦苗」の「特製醤油らあめん」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、大森駅でいま食べておきたい唸るラーメンは「麦苗(むぎなえ)」。「Homemade Ramen 麦苗」は化学調味料には頼らず、国産の食材と厳選した調味料で旨みを追求する。[アクセス]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩5分

Homemade Ramen 麦苗(最寄駅:大森駅)

こだわり抜いた素材で手間ひまをかけて作る究極の醤油ラーメン

スープの主役はコクがありながらもしつこさのない「やまがた地鶏」で、別取りする魚介ダシには本枯れ節と伊吹産煮干し、北海道産真昆布を使用する。目指したのは、あっさりしていながらも余韻が感じられるような奥行きのある味。パッツリとした食感の自家製麺も全粒粉や全卵を使っているため風味がよく、すするたびにその美味しさが伝わってくる。圧倒的な人気を誇る「特製醤油らあめん」は、基本のラーメンにプラス200円で味玉と海老肉ワンタン、チャーシュー2枚、のり2枚が付くお得な内容。低温調理で仕上げる肩ロースとバラ肉のチャーシューももちろん国産豚で、ワンタンに使うエビも天然ものと徹底している。

特製醤油らあめん
990円

素材の味を生かした無化調ラーメンです

つるんとした食感のワンタンの皮も自家製!

実家の魚めし
380円

昼•夜限定5食「実家の魚めし」(380円)。店主の実家の魚屋から届く、寿司屋顔負けのネタがのる。ご飯は魚沼産コシヒカリを毎朝店舗で精米し、土鍋で炊く

Homemade Ramen 麦苗(むぎなえ)

写真:Homemade Ramen 麦苗(むぎなえ)の店内

■『Homemade Ramen 麦苗(むぎなえ)』
[住所]東京都品川区南大井6-11-10
[TEL]03-3298-5158
[営業時間]11時半~14時半LO、18時~売り切れ次第終了、土曜・日曜・祝日:11時半〜売り切れ次第終了(15時半ごろ)
[休日]不定休
[アクセス]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩5分

電話番号 03-3298-5158
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
まるで和食の吸い物のような上品なスープだ。穴子、ヒラメ、真鯛など季節の魚のアラを丁寧に血抜きしてから炙って、じっくり炊き出すダシからは、荒々しさやクセはみじんも感じられない。
写真を見て驚かないでほしい。そう、丼を覆い尽くすのはピンク色に輝くA5黒毛和牛のリブロース。
丼の隅々まで手間をかける理由を聞くと、「だってラーメン屋ですから。普通のことでしょう?」とキョトンとするご主人に似て、同店の一杯は奥深くも食べる者をどこかリラックスさせる。スープは鶏と豚のベースに、サバ節と4種の煮干しのダシを合わせたもの。
青森市を中心に5店舗を展開する人気店が、ご当地の味“津軽ラーメン”を引っ提げて東京へ。もともと「津軽そば」から派生して生まれたご当地ラーメンだけに、津軽そばのダシ同様、水と煮干しだけで旨さを体現することにこだわった。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt