MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
藤九郎屋(日本料理/神楽坂)|最高の食材と究極な仕事

藤九郎屋(日本料理/神楽坂)|最高の食材と究極な仕事

最高の食材と究極な仕事――それが目指すところという仕事には妥協無し。京都の黒毛和牛専門店から届く和牛、鮮魚、季節の野菜。[住所]東京都新宿区神楽坂6-8 ☎03-6228-1784

藤九郎屋(最寄駅:神楽坂駅)

最高の食材と究極な仕事――それが目指すところという仕事には妥協なし。京都の黒毛和牛専門店から届く和牛、鮮魚、季節の野菜。仕入先も多岐にわたる。その仕事には前菜である豆皿ですでにハートを掴まれるはず。盃に盛られた9種の小鉢は見た目も美麗。一つひとつ、調味料まで丁寧に仕事がされている。ダシまで余さずに味わいたい。

コースの前菜 お通しの前菜豆皿
1800円

内豆は時季により変わる

コースの前菜は、季節の野菜中心のおばんざい、豆皿から。新じゃがのスープ、汲み上げ湯葉の黄金餡かけ、黒毛和牛と新ごぼうの黒胡麻和えなど。コースは5000円〜

豚角煮と冬瓜のとろろがけ
1200円

角煮はとろけるように柔らかく、とろろとまたよく合う。丁寧に炊かれた冬瓜も美味

そら豆のかき揚げ
1200円

蕎麦
800円

北海道幌加内産の粉で自ら打つ〆の蕎麦はほのかに甘く、ツユも旨い

藤九郎屋

東京都新宿区神楽坂6-8 ☎03-6228-1784 [営]11時半~13時半LO、18時~22時LO [休]日 [席]カウンター8席、個室8席 計16席/全席禁煙/カード可/予約可/お通し豆皿1800円 [交]地下鉄東西線神楽坂口から徒歩4分

電話番号 03-6228-1784
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
306views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt