MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
船橋屋 亀戸天神本店(甘味/亀戸)|老舗店の直営店でしか食べられない幻の「よしの餅」

船橋屋 亀戸天神本店(甘味/亀戸)|老舗店の直営店でしか食べられない幻の「よしの餅」

船橋屋 亀戸天神本店は創業1805年。下総国出身の初代が天神様の参拝客に、湯で練った小麦澱粉をせいろで蒸し、黒蜜きな粉をかけて出したのが始まり。[住所]東京都江東区亀戸3-2-14 ☎03-3681-2784 ※駐車場は無し、近隣にコインパーキングあり

船橋屋 亀戸天神本店(最寄駅:亀戸駅)

210年を超える老舗店の直営店でしか食べられない幻の「よしの餅」

餡をのせる「よしの餅」は、直営店の喫茶室だけの特別メニュー。

よしの餅
630円

船橋屋 亀戸天神本店

東京都江東区亀戸3-2-14 ☎03-3681-2784 [営]9時〜18時(イートインは〜17時) [休]無休 [交]錦糸町駅から徒歩10分、亀戸駅から徒歩11分

電話番号 03-3681-2784
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
谷中にある『ひみつ堂』は言わずと知れた、かき氷の名店。そのひみつ堂の冬(11~4月)のメニューに加わるのがグラタンだ。
明治19年(1886)創業のゴマ総合メーカーが2018年3月にオープン。白と黒のゴマで各3種の味があり、「超特濃」はねっとりとした濃厚さで、まるでゴマを食べているかのよう。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。
店名はフランス語で「牛乳店」という意味。こちらでは、農林水産大臣賞を何度も受賞した牧場で採れる高品質の牛乳を75%も使用。
世界中から仕入れたカカオ豆の焙煎・粉砕などの製造工程を一貫して工房で行うチョコレート専門店。このBean to Barのチョコレートをふんだんに使ったソフトクリームは、カカオの余韻を感じる上品な味わいだ。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt