MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
十条銀座の「ミートデリカ塩家」は良心と粋な心意気を感じられる店(フライ/十条)

十条銀座の「ミートデリカ塩家」は良心と粋な心意気を感じられる店(フライ/十条)

「おとなの週末」台所いらずな惣菜天国「十条銀座」特集掲載店の「ミートデリカ塩家」。十条の商店街では惣菜類が破格で勢ぞろい! ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》十条銀座の「ミートデリカ塩家」は良心と粋な心意気を感じられる店(フライ/十条)の画像をチェック! navigate_next

ミートデリカ塩家(最寄駅:十条駅)

肉厚な「アジフライ」は大葉が挟まり、爽やかな香りが魅力。なめらか食感でジャガイモがたっぷりの「牛肉コロッケ」は素朴でホッとする味わい。「フレッシュサラダ」(230円)など野菜類もたくさんあるのがうれしい。

アジフライ
126円

牛肉コロッケ
84円

ミートデリカ塩家

東京都北区上十条2-30-5 ☎03-3908-3276 [営]9時〜20時 [休]火

電話番号 03-3908-3276
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業は明治35年(1902)。エビ天、キス天、ナス天と、小柱・イカなどのかき揚げはとにかく真っ黒な見た目で、浅草で食べる天丼の王道スタイル。
高級感漂う檜のカウンター席で、昼も夜も揚げたてを一品ずつ提供する。エビは鹿児島産の活才巻エビで、ふっくらとしつつプリプリ。
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
472views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル