MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
マッシモッタヴィオ(ピザ/永福町)

マッシモッタヴィオ(ピザ/永福町)

永福町エリアでピザならココ[マッシモッタヴィオ]!「グラッツェ~!」と、店内にはマッシモッタヴィオさんの明るい声が響く。ナポリ出身で14歳からピッツァ職人として腕をふるい、現在キャリアは30年にもなる。[アクセス]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》マッシモッタヴィオ(ピザ/永福町)の画像をチェック! navigate_next

マッシモッタヴィオ(最寄駅:永福町駅)

自ら造った石窯で焼く、100年前のナポリピッツァ

彼が作る生地はコルニチョーネが盛り上がった厚めの生地。彼曰く「これが100年前のナポリピッツァ」なのだそう。ナポリから石や土を取り寄せ、自らの手で造り上げた石窯で焼くピッツァは、どこまでもふんわりと軽やかでモチモチした食感。香り高く存在感も抜群だ。

ボリチーナ
2354円

フレッシュトマトや特製クリームチーズ、オリーブ、ケッパー、アンチョビなど具だくさんの1枚。それを厚みのある生地がしっかりと受け止めてくれる

マルゲリータコン ブファラ
2430円

水牛のモッツァレラチーズを使用し、ミルキーなコクがたっぷり。ソースをふんだんに使うのも特徴で、ほかにはないジューシーな仕上がり

リングイネ コン グランキオ
1922円

丸ごと一匹使用し、濃厚な旨みの凝縮されたトマトクリームソースがリッチな味わい

マッシモッタヴィオ

東京都杉並区永福4-4-4 ☎03-6802-7648 [営]11時半~14時LO、18時~21時半LO、土・日・祝は11時半~15時LO、17時半~21時半LO [休]水(祝日の場合は翌木曜休) [席]カウンター10席、テーブル120席 計130席/全席禁煙/夜のみカード可/予約可/サなし [交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6802-7648

マッシモッタヴィオの関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ひと言で言えば、ここはピッツァや一品料理、ワインなどを同列にきちんと味わえる店だ。使い勝手も柔軟で、ピッツァを軽くつまむだけでも、前菜からメインまでしっかり食べたい時も、ワイン1杯からでも歓迎してくれる。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル