MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
うなぎ 炙一徹(うなぎ/日比谷)|ブランドうなぎ「坂東太郎」を関西風〟地焼き"で香ばしさも満点

うなぎ 炙一徹(うなぎ/日比谷)|ブランドうなぎ「坂東太郎」を関西風〟地焼き"で香ばしさも満点

関西のご当地うなぎ飯。「うなぎ 炙一徹」はブランド養殖うなぎとして知られる「坂東太郎」専門の問屋が直営する。エサにアジやサバなどの青魚をまぜ長期育成することで、キメ細やかな身を持ち、サラリとした口どけの良い上質な脂がのる。[アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

うなぎ 炙一徹(最寄駅:日比谷駅)

これを東京では珍しく関西風の“地焼き”で味わえるのもこの店ならでは。料理長が熟練の焼きの技で仕上げるうなぎは香ばしさが抜群だ。直営店ならではの強みをいかしたリーズナブルな価格も魅力的。ふんわりとした優しい口当たりの関東風も用意しているので、好みに応じて選びたい。

坂東太郎うな重
5900円

余分な脂は落としつつも、香ばしく焼き上げる熟練の技が光っている。坂東太郎の特徴である濃厚なコクと風味をダイレクトに堪能したい。注文(予約も可)を受けてから割いてくれる

うなぎの薫製
1000円

生のうなぎを桜のチップでスモーク。燻製香が加わることで、身からあふれる脂の甘みをより繊細に感じられる。ぜひ日本酒に合わせたい美味しさだ

うざく
1000円

自家製の三杯酢のおだやかな酸味が、蒲焼のこってり感を絶妙に引き立てている

[その他のメニュー]
うな重3000円、ひつまぶし3400円、かさね重3800円、肝串焼き300円、短冊串300円、くりから串300円、肝わさ1000円など

関西はここが特徴
関東風が白焼き→蒸し→タレ焼きに対し、関西風は生のうなぎを焼きのみで仕上げる。また割き方も関東風は背開きだが、関西風は腹開きにすることが多い。蒸さないのでうなぎの旨みを最大限に味わえる

うなぎ 炙一徹

■『うなぎ 炙一徹』
[住所]東京都千代田区有楽町1-2-8 [TEL]03-3501-2550 [営業時間]11時半〜14時、17時〜21時(20時LO) [休日]日曜日(10月〜6月は月曜日・日曜日休み) [座席]カウンター6席、テーブル2席×3卓、4席×1卓 計16席/全席禁煙/カード可/土用の丑の日の前後1週間以外は予約可/サなし [アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3501-2550
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
147views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt