MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
うなぎ 炙一徹(うなぎ/日比谷)|ブランドうなぎ「坂東太郎」を関西風〟地焼き"で香ばしさも満点

うなぎ 炙一徹(うなぎ/日比谷)|ブランドうなぎ「坂東太郎」を関西風〟地焼き"で香ばしさも満点

関西のご当地うなぎ飯。「うなぎ 炙一徹」はブランド養殖うなぎとして知られる「坂東太郎」専門の問屋が直営する。エサにアジやサバなどの青魚をまぜ長期育成することで、キメ細やかな身を持ち、サラリとした口どけの良い上質な脂がのる。[アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》うなぎ 炙一徹(うなぎ/日比谷)|ブランドうなぎ「坂東太郎」を関西風〟地焼き"で香ばしさも満点の画像をチェック! navigate_next

うなぎ 炙一徹(最寄駅:日比谷駅)

これを東京では珍しく関西風の“地焼き”で味わえるのもこの店ならでは。料理長が熟練の焼きの技で仕上げるうなぎは香ばしさが抜群だ。直営店ならではの強みをいかしたリーズナブルな価格も魅力的。ふんわりとした優しい口当たりの関東風も用意しているので、好みに応じて選びたい。

坂東太郎うな重
6000円

余分な脂は落としつつも、香ばしく焼き上げる熟練の技が光っている。坂東太郎の特徴である濃厚なコクと風味をダイレクトに堪能したい。注文(予約も可)を受けてから割いてくれる

うなぎの薫製
1000円

生のうなぎを桜のチップでスモーク。燻製香が加わることで、身からあふれる脂の甘みをより繊細に感じられる。ぜひ日本酒に合わせたい美味しさだ

うざく
1000円

自家製の三杯酢のおだやかな酸味が、蒲焼のこってり感を絶妙に引き立てている

[その他のメニュー]
うな重3000円、ひつまぶし3400円、かさね重3800円、肝串焼き300円、短冊串300円、くりから串300円、肝わさ1000円など

関西はここが特徴
関東風が白焼き→蒸し→タレ焼きに対し、関西風は生のうなぎを焼きのみで仕上げる。また割き方も関東風は背開きだが、関西風は腹開きにすることが多い。蒸さないのでうなぎの旨みを最大限に味わえる

うなぎ 炙一徹

■『うなぎ 炙一徹』
[住所]東京都千代田区有楽町1-2-8 [TEL]03-3501-2550 [営業時間]11時半〜14時、17時〜21時(20時LO) [休日]日曜日・月曜日[座席]カウンター6席、テーブル2席×3卓、4席×1卓 計16席/全席禁煙/カード可/土用の丑の日の前後1週間以外は予約可/サなし [アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3501-2550
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光例幣使街道沿いに店を構えて200年以上の老舗。ここで6~11月頃にいただけるのが利根川で獲れる天然の「江戸後ろ鰻」だ。
約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
11032views 柏グルメ うなぎ
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1181views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル