SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

2022年の「土用の丑の日」は7月23日と8月4日の2日。がっつりうなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

日本人のDNAを刺激するうなぎを食べたくなる季節。新店、老舗まで、東京中を駆け回って美味しい店を探してきました。食べればきっと元気がみなぎる夏のご馳走、いかがですか。

『宇のじ』 @方南町

飴色に輝くブランドうなぎの旨さに身も心も酔いしれる

東京が特別な場所だなあと感じるのは、何のことはない町の、至って普通の商店街で、実に旨いうなぎ屋を見つけた時だ。江戸の文化が息付いてるなあと思う。贅沢だよなとも思う。今回訪れた方南町にも、ご近所さんが心底羨ましいと身をよじる名店が隠れていた。名は『宇のじ』。

昭和の佇まいも、受け継がれる技も、しみじみといい店だ。聞けばブランドうなぎ「坂東太郎」を開発した卸問屋と昔から縁があるそうで、週に数回は仕入れているんだとか。店先に「入荷しました」の貼り紙があれば迷わず注文を。

鰻重特上(坂東太郎) 肝吸付4400円

『宇のじ』鰻重特上(坂東太郎)肝吸付4400円 上品な照りが食欲を誘ううなぎは火力がおだやかな岡山の備長炭で焼く。素材の味を生かすため砂糖を使わないタレはスッキリ。「坂東太郎」は利根川の天然うなぎに近づけるよう飼料にこだわって生産されたもの

机上にコトリと置かれたお重の、蓋の下から現れる飴色の照りに思わず息を呑む。きめ細かいサシが入る身は肉厚でふっくら、舌にのせれば脂の旨みが広がってすうっと消える後味の良さ。重くないスッキリしたタレがまた、その味を引き立てる。

『宇のじ』

[住所]東京都杉並区方南2-11-8
[電話]03-3311-7401
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~20時半LO
[休日]火曜日
[交通]地下鉄丸ノ内線方南町駅2番出口から徒歩1分

『うなぎ屋 永井』 @要町

江戸前と地焼きを選べるのもうれしい注目のニューフェイス

やる気と勢いのある新店は何とも気持ちがいい。この店がまさにそれ。フレンチ出身の店主が「シンプルな組み合わせの美味しさが好きで!」とうなぎ料理にロックオンし、今年1月、研究を重ねてカウンター中心の小さな店をオープンさせた。備長炭で焼くうなぎは三河産などを厳選。

うな重一尾上 3700円(肝吸い、お新香付き)

『うなぎ屋 永井』うな重一尾上 3700円(肝吸い、お新香付き) うなぎは備長炭で焼いてふっくら仕上げる。ザラメとハチミツという違う甘さのアプローチでまろやかさを出したタレは、白ワインを加えてキレのある味に。地焼きも選べる

蒸して焼き上げる関東の江戸前と、蒸さずに焼く関西の地焼き。自由に選べるのもうれしい悩みだ。前者は口でほどける柔らかさ、後者は香ばしい力強さ。地焼き推しの店主とうなぎ談義も楽しいかも。

米は新潟で特別栽培する完全無農薬で、粒の張りも良くてもっちり。さて前職の片鱗が見えるのは、白ワインを加えることでキレのあるコクを追求したタレだろう。白焼きを使うアヒージョなど常識に囚われないアプローチもナイス。肩ひじ張らずに通えるのもいい。

『うなぎ屋 永井』

[住所]東京都豊島区西池袋5-25-9 CML要町駅前ビル
[電話]03-6909-4378
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~21時半(21時LO) 
[休日]月曜日
[交通]地下鉄副都心線ほか要町駅6番出口からすぐ

『明神下神田川支店』 @両国

代々受け継がれる技と心が、挑戦と共に次代へと繋がれる

新店の遊び心が楽しい一方、脈々と繋がれる伝統の味もまた粋なものだ。現在は3代目と共に4代目も焼き場に立っており、その清々しい姿勢に身内でもないのに頬が緩む。始まりは大正7年。ご存じ江戸創業の「明神下神田川本店」から初の暖簾分けを許された店である。

鰻重御定食(鰻重、吸物、香の物、果物)上 4560円(奉仕料込)

『明神下神田川支店』鰻重御定食(鰻重、吸物、香の物、果物)上 4560円(奉仕料込) 蓋を開けた時にわあっと喜んでもらえるよう、うなぎは大きめのサイズ。素焼きで皮目をしっかり焼く。ご飯の美味しさも評判で、茨城の農家に年3回ほど買い付けに行き、玄米で仕入れて店で精米。タレをかけてちょうどよくなるよう硬めに炊く。場所柄、昔から力士も訪れる

風格あるうな重が、時代を生き抜いてきた実力を無言で物語る。凛とした身はお重の中で重なり合うほど太々と大きめ。その分、仕込みに手間がかかるが「せっかくならドンッと立派なうなぎの方がいい」とおふたり。

食べ手の心をわかってらっしゃる。タレは創業時に本店から譲り受けたもので、継ぎ足しで紡いだ時間が独自の味へ進化させた。3度づけが一般的だが、照りを際立たせるためさらにもう1回サッとくぐらせるのが4代目の手法。守る心、挑戦する技。次代も安泰だ。

『明神下神田川支店』

[住所]東京都墨田区両国1-9-1
[電話]03-3631-3561
[営業時間]11時半~14時(13時LO)、16時半~21時(20時LO)
[休日]日曜日・祝日
[交通]JR総武線ほか両国駅西口から徒歩5分

次のページ
『新橋 まほろば』 @新橋...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...