SNSで最新情報をチェック

おとなの週末 2022年8月号の「ご褒美うなぎ」特集では、取材拒否店が過去最多の10軒超え......。その中の一部をイニシャルでこっそりお教えします。

画像ギャラリー

東京都内で出合った良店たち。されど掲載に至らず……

A

A
A

水天宮前駅や浜町駅から少し歩いた場所に位置。近隣で働く人や住民が多く訪れる。粒だったご飯と、ほろっと柔らかなうなぎが渾然一体となり、美味なり。人気テレビ番組出演のため、これ以上対応できなくなっても困るからと、丁重にお断り。無念だ。

I

I
I

某有名出版社の近くにある、明治創業の老舗。唐破風の屋根が目印だ。営業は昼のみで、メニューはうな重一本勝負!  キリッと醤油の利いたタレと、炭焼きの香ばしさで絶品の旨さ。座敷でいただくシチュエーションもよし。しかし、多忙により、取材拒否。

K

K
K

本所吾妻橋から徒歩数分、立派な銭湯の隣という立地も魅力的な下町の名店は明治40年の開業とか。焼き色よく、ふわりとしたうな重は余韻もよし。近隣の方と思われる年配のお客さんも次々現れ、愛されてるのがよくわかる。焼鳥やマグロも旨し!

M

M
M

炭火で炊くご飯と炭火で焼くうなぎの炭×炭のコンビネーションが炸裂。白焼きもそうだが、パリッと香ばしく、焼き加減がお見事。うなぎの前にいただいた刺身も鮮度抜群で美味しく、和食店としても優秀。どのメディアもお断りされているということで、泣く泣く断念。

次のページ
まだまだあります、取材拒否店...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...